ちば山の会 共通他掲示板

135436

鍋倉山(2/10)・赤倉山(2/11) - smile-telemarker

2019/02/13 (Wed) 02:28:07

この3連休は例年スキー場、BCエリアは大賑わいである。冬型の残る10日、気象条件が厳しい中、標高の低い鍋倉山には9:30スタート時点ですでに35台ほどの車が駐車、小生が目の当たりにした最高台数で、ますます人気度が増した感がします。

Re: 鍋倉山(2/10)・赤倉山(2/11) - smile-telemarker

2019/02/13 (Wed) 02:37:50

最寄りの戸狩スキー場の積雪は260㎝、雪壁はこんな感じです。今回はゲスト3名を加え8名で51才から80才、平均62才で相変わらず高齢者Pです。

Re: 鍋倉山(2/10)・赤倉山(2/11) - smile-telemarker

2019/02/13 (Wed) 02:42:01

かなりの降雪量でスタート間もなくの小屋は埋もれています。この数年は積雪量が少なく、こんな光景は目にしていませんでした。

Re: 鍋倉山(2/10)・赤倉山(2/11) - smile-telemarker

2019/02/13 (Wed) 02:49:09

台地に上がると風が強く、降りしきる雪の中、格好良い名物の大木で追い抜いて行ったPが休憩しています。固い弱層の上に新雪が深いところで60~70㎝程、風の強いエリアで30㎝程度のところもあるが、劇パう過ぎて苦労しそうです。

Re: 鍋倉山(2/10)・赤倉山(2/11) - smile-telemarker

2019/02/13 (Wed) 02:53:17

間もなくオープン台地から西ノ沢を右下にしたブナ林に突入します。

Re: 鍋倉山(2/10)・赤倉山(2/11) - smile-telemarker

2019/02/13 (Wed) 02:58:51

ブナ林突入前の左のオープン急斜面には既にシュプールが数本刻まれていましたが、それにしても深雪過ぎるようです。ブナ林に入ると風は弱く新雪は深く。先行トレースを辿っても急斜面のトラバース登高は苦労します。

Re: 鍋倉山(2/10)・赤倉山(2/11) - smile-telemarker

2019/02/13 (Wed) 03:01:54

漸くトラバース登高から解放され、雪も小康状態となり気合の記念撮影をしました。

Re: 鍋倉山(2/10)・赤倉山(2/11) - smile-telemarker

2019/02/13 (Wed) 03:10:12

いつ来ても素晴らしいブナ林に癒され気分よくシール登行できます。登り返して複数回滑走するPが多い、この北東ブナ林斜面ですがまだ滑走してくるPはなく静寂の佇まいです。

Re: 鍋倉山(2/10)・赤倉山(2/11) - smile-telemarker

2019/02/13 (Wed) 03:16:52

上部に来ると風が強くなってきて一時暴風雪模様,登頂は無理かと考えたが、間もなく雪は止み、ガスが立ち込めてきました。左の山頂からの急斜面に静寂を破る雄叫びが聞こえてきました。雪崩の心配はなさそうです。

Re: 鍋倉山(2/10)・赤倉山(2/11) - smile-telemarker

2019/02/13 (Wed) 03:19:46

黒倉山との暗部の稜線まであと一息、幻想的ですね!!
鍋倉山の醍醐味の一つにシャッターを切りました。

Re: 鍋倉山(2/10)・赤倉山(2/11) - smile-telemarker

2019/02/13 (Wed) 03:28:36

鍋倉BC初体験の2名のためにも、ガスの視界不良の中、頑張って登頂しました。数Pが休憩、行動食を摂取してスタートです。ガスが薄くなってきました。わがPのスキー板は95㎜の方が最高であとの方々は80㎜台で深雪過ぎて苦労します。慎重に稜線の気持ち良いパうダーランで迂回してブナ林向かって飛び込みました。

Re: 鍋倉山(2/10)・赤倉山(2/11) - smile-telemarker

2019/02/13 (Wed) 03:38:59

センター100㎜、176㎝のBDのドリフトは最近体力がなく、取り回しで苦労するため、今シーズンはあまり使用していません。今回もこれほど多くは積もってないだろうと88m㎜のG3を持参したが、急斜面は深雪過ぎてやや重パウダーで浮かず思うに任せません。しまった中斜面では何とか気持ち良いターンを刻めます。右のわがシュプールの脇をメンバーがプルーク滑走します。

Re: 鍋倉山(2/10)・赤倉山(2/11) - smile-telemarker

2019/02/13 (Wed) 03:45:40

また雄叫びを上げて山頂からの急斜面を気持ちよく滑走してきた若者と談笑しました。驚いたことに昨年6月に乗鞍で談笑した上田からの若者Pでした。小生と最高齢のTRさんの年齢を聞いてびっくりしていました。彼らの板はまさに超スーパーファットで130㎜、小生も少なくとも100㎜のファットを持参していればと悔やまれることしきりでした。

Re: 鍋倉山(2/10)・赤倉山(2/11) - smile-telemarker

2019/02/13 (Wed) 03:50:06

また急斜面を雄叫びとともに若い女性ATスキーヤーが気持ちよく滑走してきました。羨ましい!!! わがPは今日はやや辛口の滑走でした。

Re: 鍋倉山(2/10)・赤倉山(2/11) - smile-telemarker

2019/02/13 (Wed) 04:45:56

深雪に慣れてないメンバーはバランスを崩し転倒すると大変です。頭が雪に埋もれて窒息しそう、お風呂に入ったようでもがいてても起き上がれないなどなど。

Re: 鍋倉山(2/10)・赤倉山(2/11) - smile-telemarker

2019/02/13 (Wed) 04:49:12

前夜、定宿の馬曲温泉の夕食宴会で盛り上がり安眠、2日目妙高に向かった。天気はまあまあ、車窓からの妙高山が素晴らしい。

Re: 鍋倉山(2/10)・赤倉山(2/11) - smile-telemarker

2019/02/13 (Wed) 04:53:59

神奈山藤巻尾根の予定であったが、大雪のためうずたかく積まれた雪壁に阻まれ、入山口に向かう林道に向かうことができず断念に、杉ノ原スキー場トップから赤倉山に転進した。

Re: 鍋倉山(2/10)・赤倉山(2/11) - smile-telemarker

2019/02/13 (Wed) 04:58:53

この数年、スキー場の賑わいが回復傾向にあるようだ。最も賑わうう2月連休のためもあり、外国人も多くゴンドラ乗り場は混雑、1480mのトップからスタート、林道に向かった。

Re: 鍋倉山(2/10)・赤倉山(2/11) - smile-telemarker

2019/02/13 (Wed) 05:03:45

林道から南東尾根にとりつく。尾根は風のためか新雪の深くなく締まっている。気持ち良いブナ林・ダケカンバの大木などを楽しみながら気持ち良いハイクアップにテンションアップ。鍋倉や関温泉ほど新雪は深くなく30~50㎝ほどで気持ち良いパうダーランが楽しめそう!!

Re: 鍋倉山(2/10)・赤倉山(2/11) - smile-telemarker

2019/02/13 (Wed) 05:13:07

エントリーポイントの1920mPの直下のオープン斜面は要注意です。南向きで雪質が変化している。急斜面のため左のほうに回り込んで先行トレースがあり、トラバース気味に上がって行く。下地が固いガリのため、シールが効きにくく雪が流れる。脚力の弱いメンバーは転倒しやすく、右側に進路変更したり、なんとかツボ足で登り上げた。左急斜面に滑落すると大変なエリアで危険です。前もって上に向かって右側にジグを切って上がるべきでした。

Re: 鍋倉山(2/10)・赤倉山(2/11) - smile-telemarker

2019/02/13 (Wed) 05:15:52

1920mPは細尾根の手前、風が強く、素早く、行動食摂取、滑走準備してスタートとした。

Re: 鍋倉山(2/10)・赤倉山(2/11) - smile-telemarker

2019/02/13 (Wed) 05:27:24

積雪が十分となり今回のルートは赤倉ゴルフ場下(710m)までのロングルートです。登りは2時間強、滑走は標高差1210m東南東から東北東向きの良質の雪質が温存されやすい林間ルートで素晴らしい中級向けのロングルートで、小生は好んで頻回にメンバーを案内しにています。山頂直下のオープン斜面は急で慣れないメンバー少し苦労しましたが、間もなく林間に入ると、期待通りの気持ち良い素晴らしい滑り心地です。

Re: 鍋倉山(2/10)・赤倉山(2/11) - smile-telemarker

2019/02/13 (Wed) 05:31:19

TAさんも恐怖心が解消され、気持ちよくリズムを刻んでいます。これぞ、パウダーツリーランの醍醐味ですね!!

Re: 鍋倉山(2/10)・赤倉山(2/11) - smile-telemarker

2019/02/13 (Wed) 05:33:40

宇都宮からのIさんも雄叫びdancing powder runを楽しんでいます。

Re: 鍋倉山(2/10)・赤倉山(2/11) - smile-telemarker

2019/02/13 (Wed) 05:38:52

極めつけは最高齢のTRさんの素晴らしい巣張りです。
彼はパうダーラン大好きで、他のメンバーから「鶴パウ」という新語を頂き最後まで快調でした。

Re: 鍋倉山(2/10)・赤倉山(2/11) - smile-telemarker

2019/02/13 (Wed) 05:44:26

無事1580mの林道近くに降りました。この後池の平スキー場の旧リフト切り開きエリアを滑走し、リフトトップの1400m左のブナ林で休憩した。この後はフィナーレまで、まだ標高差700mほどの滑走あが待っています。

Re: 鍋倉山(2/10)・赤倉山(2/11) - smile-telemarker

2019/02/13 (Wed) 05:49:17

池の平スキー場ゲレンデの北の広い尾根は緩斜面が主体ですが、雪質が良く気持ちよくターンできます。標高1100mあたりからからやや急な斜面を左に降り最終的に白田切川に沿った林道に出ます。

Re: 鍋倉山(2/10)・赤倉山(2/11) - smile-telemarker

2019/02/13 (Wed) 06:00:06

今回は先行トレースがあったため、ゴルフ場までの水平移動は楽でした。このルートを最後まで滑走する山スキーヤーはそれほど多くなく、いつも静かなツアーを楽しめる素晴らしいルートです。今回で6~7回経験しているルートですが、今回は終始良質パウダーを楽しむことができピカイチのツアーでした。赤観リゾート駐車場からはシャトルバス(500円、30分に一本)で杉ノ原スキー場の駐車場に戻ります。バスには多くの中国人ボーダーが同乗しており、妙高地区も多くの外国人で賑わうようになっています。NHKニュースで中国人の爆買いが終了し最近は爆滑りとのことです。

名前
件名
メッセージ
画像
メールアドレス
URL
文字色
編集/削除キー (半角英数字のみで4~8文字)
プレビューする (投稿前に、内容をプレビューして確認できます)

Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.