ちば山の会 共通他掲示板

137218
名前
件名
メッセージ
画像
メールアドレス
URL
文字色
編集/削除キー (半角英数字のみで4~8文字)
プレビューする (投稿前に、内容をプレビューして確認できます)

陽春 - smile-jogger

2019/03/12 (Tue) 11:53:17

佐倉フルマラソンまで10日間ほどとなった。陽春の朝ランは気分良い。鶯の鳴き声もそこそこに聞かれ、今日はキジの雄の美しい姿が今年初めて見られた。紅梅・白梅に春本番を思わせる今日この頃である。

Re: 陽春 - smile-jogger

2019/03/12 (Tue) 11:54:43

オオイヌノフグリの花が一面に咲いている。

Re: 陽春 - smile-jogger

2019/03/12 (Tue) 11:56:33

17㎞ほどのランが終了し、サンマルクカフェでサンドイッチで昼食。お年寄りが多く憩いの場となっている。

Re: 陽春 - smile-jogger

2019/03/12 (Tue) 12:01:30

種々の雑誌、趣味の本が多く置いてあり、ゆったり楽しめる。今日手にした温泉の本の表紙は、なんと今冬3回利用した大好きな馬曲温泉であった。外国人にも大人気の長野木島平近くの素晴らしい温泉である。

毎年来たくなる藤巻尾根 - smile-telemarker

2019/03/10 (Sun) 10:56:17

3/9ツアー日和に恵まれ、妙高・神奈山:藤巻尾根に行ってきた。先日の降雪で台地上は予想以上のパうダーランを堪能できた。

Re: 毎年来たくなる藤巻尾根 - smile-telemarker

2019/03/10 (Sun) 11:03:28

関温泉休暇村駐車場脇から林道を進む。沢に架かる橋を渡ってすぐの急斜面にとりつくPがほとんどであるが、10分ほど林道を右に進み藤巻山の東尾根が林道と接するポイント(790m)からのハイクアップのほうが少し遠回りであるが楽であり、滑走もこのポイントに降りる方が雪質はよく、わが高齢者Pは最近このルートを利用する。

Re: 毎年来たくなる藤巻尾根 - smile-telemarker

2019/03/10 (Sun) 11:09:12

関温泉スキー場の積雪は470㎝で全国的に積雪が少ない今期でもまだたっぷりの積雪量で、しばらく快適な山スキーツアーが楽しめる。前日の降雪量は多いところで30㎝ほど湿雪で重く、初めの急斜面はややラッセルがきつい。

Re: 毎年来たくなる藤巻尾根 - smile-telemarker

2019/03/10 (Sun) 12:55:43

藤巻山山頂の前での平坦地で一息、高温で汗が噴き出している。2週間前に楽しんだ妙高前山の右に妙高山本峰の雄姿を見ながら記念撮影です。

Re: 毎年来たくなる藤巻尾根 - smile-telemarker

2019/03/10 (Sun) 12:58:31

間もなく、沢の向こう側から殆どのPが登ってくるルートと合流する。

Re: 毎年来たくなる藤巻尾根 - smile-telemarker

2019/03/10 (Sun) 13:02:49

藤巻尾根ブルーの下、素晴らしいブナ林の登りでつい「登り雄叫び」がメンバーから噴出する。気温が上がり、雪質悪化に今回は滑走での雄叫びはないであろうと言い聞かせながら、溜息が出るような美しいブナ林のハイクアップを堪能した。

Re: 毎年来たくなる藤巻尾根 - smile-telemarker

2019/03/10 (Sun) 13:06:25

1267m ポイントあたりのブナ林の向こうに幕沢源頭部の豪快な景色が望まれる。

Re: 毎年来たくなる藤巻尾根 - smile-telemarker

2019/03/10 (Sun) 13:08:49

1400m の上の台地に近づくとやや急なブナ林である。

Re: 毎年来たくなる藤巻尾根 - smile-telemarker

2019/03/10 (Sun) 13:11:44

台地に乗り上げる直前は急なオープン斜面のトラバースです。雪崩留意のこの日であり、慎重にトレースを辿った。

Re: 毎年来たくなる藤巻尾根 - smile-telemarker

2019/03/10 (Sun) 13:14:44

台地上に上がると豪快なグレイトビューが飛び込んできます。初体験者は勿論、メンバー全員から歓声が上がった。

Re: 毎年来たくなる藤巻尾根 - smile-telemarker

2019/03/10 (Sun) 13:17:35

無風の好条件、薄いが軽いパウダーが温存されている。滑走したい気持ちを抑えながら今回は標高1525mまで高度を上げた。

Re: 毎年来たくなる藤巻尾根 - smile-telemarker

2019/03/10 (Sun) 13:19:37

条件が良く、さらに高度を上げている単独ボーダーが見えます。

Re: 毎年来たくなる藤巻尾根 - smile-telemarker

2019/03/10 (Sun) 13:24:56

行動食を取りながらそそくさと滑走準備し、思い思いのお絵かきが始まりました。予想・期待だにしなかった素晴らしいパうダーランに正真正銘の滑走「雄叫び」を今回もゲットできました。

Re: 毎年来たくなる藤巻尾根 - smile-telemarker

2019/03/10 (Sun) 13:30:45

今回は条件が良く時間的余裕があったため、台地から北東尾根に踏み込んでみた。標高1270mまでブナ林滑走、やや重であったが、横ずれ可能なまあまあの滑走感であった。

Re: 毎年来たくなる藤巻尾根 - smile-telemarker

2019/03/10 (Sun) 13:35:14

台地まで登り返し、往路を滑走、湿深雪に苦労するエリアもあるが、クラストする前の時間帯のため、なんとかゆっくりターンを楽しみながらのブナ林滑走であった。

Re: 毎年来たくなる藤巻尾根 - smile-telemarker

2019/03/10 (Sun) 13:44:47

ここのブナ林は樹間も適度に広く、積雪が多いせいもあり、ウエーブや凹凸が少なく滑走しやすい。鍋倉山にも勝るとも劣らないブナ林ツリーランエリアであるが、妙高近辺には他の素晴らしいツアールートが多く、入山者は少なくいつも静かなツアーを楽しめます。かなり上部から滑走してきた格好良いボーダーに話しかけると、富山のガイドさんでツアーでお客さんを案内していた。毎年でも訪れたいツアーエリアであると再認識した。

Re: 毎年来たくなる藤巻尾根 - smile-telemarker

2019/03/10 (Sun) 13:46:26

大満足のの1日に、お遊びの記念撮影で締めくくりました。

館山から見る富士山 - smile-jogger

2019/03/09 (Sat) 02:56:20

8日の朝、出張先の館山での朝ランは館山海岸です。洲崎の方向へ約4㎞の折り返し地点です。

Re: 館山から見る富士山 - smile-jogger

2019/03/09 (Sat) 02:58:01

正面にモルゲンロートの富士山がうっすら見えました。

Re: 館山から見る富士山 - smile-jogger

2019/03/09 (Sat) 02:59:41

北条海岸では真白く見えました。最近の降雪でかなり下まで真白です。

Re: 館山から見る富士山 - smile-jogger

2019/03/09 (Sat) 03:01:07

リゾート気分満点の海岸、右下に小さな富士山があります。

Re: 館山から見る富士山 - smile-jogger

2019/03/09 (Sat) 03:02:23

これは素敵なトイレです。右に富士山です。

Re: 館山から見る富士山 - smile-jogger

2019/03/09 (Sat) 03:03:49

約1時間のランでレトロな館山駅に戻ってきました。

安達太良山・くろがね小屋泊山スキー - smile-telemarker

2019/03/04 (Mon) 10:14:39

絶好のツアー日和に恵まれ、3/2~3/3くろがね小屋泊で安達太良山スキーを堪能してきました。リフトを2本乗り継ぎ標高1180mからクトーを装着して登山道ルートで薬師岳に向かった。標高1322mの薬師岳山頂、17~18年ほど前に初めて山スキーに来た時には、ゴンドラは冬季でもここまで運行して居り楽であった。

Re: 安達太良山・くろがね小屋泊山スキー - smile-telemarker

2019/03/04 (Mon) 10:19:37

山頂に向かう登山道ルートから安達太良山頂,鉄山等の雄姿を望みながらのハイクアップは気持ち良い。硬い下地の上に新雪が5~10㎝ほど積もっており、一息ついた地点から無木立の美味しそうな斜面が手招きしていた。

Re: 安達太良山・くろがね小屋泊山スキー - smile-telemarker

2019/03/04 (Mon) 10:24:02

この日はやや低温で良質のパウダーが温存されていた。荷物をデポし「一本パウダーを食うぞ」とメンバーに気合を入れた。素晴らしい滑走感である。もうパウダーは諦めていたものの予想外のご褒美に大感激である。もうこの1本で100%の満足度となった。

Re: 安達太良山・くろがね小屋泊山スキー - smile-telemarker

2019/03/04 (Mon) 10:27:23

宇都宮から参加のIGさんの雄叫びの素晴らしい滑り!!

Re: 安達太良山・くろがね小屋泊山スキー - smile-telemarker

2019/03/04 (Mon) 10:29:57

いつも安定したIUさんもこのアングルではイントラなみのフォーム!!

Re: 安達太良山・くろがね小屋泊山スキー - smile-telemarker

2019/03/04 (Mon) 10:33:24

そしてTAさんのこの素晴らしいフォーム、老若男女を問わず雄叫びを上げ標高差約100mほど上質パウダーを頂いた。美味しゅうございました。この一本でもう帰ろうかと口走ってしまいました。

Re: 安達太良山・くろがね小屋泊山スキー - smile-telemarker

2019/03/04 (Mon) 10:35:39

山頂に近づきガリガリで風も強い。

Re: 安達太良山・くろがね小屋泊山スキー - smile-telemarker

2019/03/04 (Mon) 10:38:13

アイゼンを装着して山頂へ、狭い山頂は記念撮影渋滞でした。山スキーヤーは少なくほとんどが雪山登山客であった。

Re: 安達太良山・くろがね小屋泊山スキー - smile-telemarker

2019/03/04 (Mon) 10:40:03

鉄山に向かう稜線ルートは風が強く、時に耐風姿勢をとった。

Re: 安達太良山・くろがね小屋泊山スキー - smile-telemarker

2019/03/04 (Mon) 10:43:06

この素晴らしい景色、新雪の風紋と一条のシュプールを見るとたまりません。滑走意欲がメラメラを湧き上がってきました。

Re: 安達太良山・くろがね小屋泊山スキー - smile-telemarker

2019/03/04 (Mon) 10:49:37

矢筈森の下のトラバース登山道ルートの途中から広い沢地形を滑走すべく準備中です。

Re: 安達太良山・くろがね小屋泊山スキー - smile-telemarker

2019/03/04 (Mon) 10:54:06

表面がウインドパック、クラスト気味で手強い。慎重に板を踏みしめターンした。矢筈森の急斜面には数本のシュプールが刻まれており、羨ましいが翌日に期待しよう。

Re: 安達太良山・くろがね小屋泊山スキー - smile-telemarker

2019/03/04 (Mon) 10:55:40

バランスを崩すと転倒してしまいます。

Re: 安達太良山・くろがね小屋泊山スキー - smile-telemarker

2019/03/04 (Mon) 10:57:57

振り子沢の源頭部に滑り込んでいくと滑りやすくなってきた。

Re: 安達太良山・くろがね小屋泊山スキー - smile-telemarker

2019/03/04 (Mon) 10:59:53

メンバーも気持ちよく追随した。

Re: 安達太良山・くろがね小屋泊山スキー - smile-telemarker

2019/03/04 (Mon) 11:03:23

下部は狭いが、雪で覆われた振り子沢の滑走は素晴らしく、くろがね小屋の下まで快適に滑走できました。

Re: 安達太良山・くろがね小屋泊山スキー - smile-telemarker

2019/03/04 (Mon) 11:08:45

40名強の宿泊者の中で山スキーはわがチームプラス1~2名ほど、温泉、宴会、おいしいカレーにダイエットを気にしながらやはりお替りしてしまった。翌朝も素晴らしいツアー日和、アイゼン装着で出発です。なにか景観が立山初滑りのようですね。

Re: 安達太良山・くろがね小屋泊山スキー - smile-telemarker

2019/03/04 (Mon) 11:11:01

今回はクトー・アイゼンを駆使しての変化に富んだ雪山登山+山スキーで、いろいろな経験ができました。

Re: 安達太良山・くろがね小屋泊山スキー - smile-telemarker

2019/03/04 (Mon) 11:13:41

峰の辻まであとわずか、矢筈森の下部に来て、これからハイクアップし滑走する斜面を前にテンションアップです。

Re: 安達太良山・くろがね小屋泊山スキー - smile-telemarker

2019/03/04 (Mon) 11:16:19

一本目はまあまあの滑走感です。

Re: 安達太良山・くろがね小屋泊山スキー - smile-telemarker

2019/03/04 (Mon) 11:18:52

メンバーも気持ちよくシュプールを刻んでいました。

Re: 安達太良山・くろがね小屋泊山スキー - smile-telemarker

2019/03/04 (Mon) 11:26:03

お替りの2本目は上に向かって右側の沢地形をクトーを装着してハイクアップです。一本目より雪質が悪く、もなか状態です。諦めようかと思いましたが、登りで各自違うギザギザルートで薄皮を破りつぶしながらのハイクアップをすれば滑走しやすくなると考えメンバーに指示しました。エントリーポイントで記念撮影、北アルプス様の景観に大満足です。

Re: 安達太良山・くろがね小屋泊山スキー - smile-telemarker

2019/03/04 (Mon) 11:28:36

登りでギタギタにしたため、無難にに滑走できました。作戦成功でした。

Re: 安達太良山・くろがね小屋泊山スキー - smile-telemarker

2019/03/04 (Mon) 11:32:02

2日目も振り子沢の滑走です。前日の隣の源頭部からのエントリーです。前日よりターンし易く一安心です。

Re: 安達太良山・くろがね小屋泊山スキー - smile-telemarker

2019/03/04 (Mon) 11:33:39

メンバーも気持ちよさそうに追随します。

Re: 安達太良山・くろがね小屋泊山スキー - smile-telemarker

2019/03/04 (Mon) 11:35:12

KAさんも気持ちよさそうです。

Re: 安達太良山・くろがね小屋泊山スキー - smile-telemarker

2019/03/04 (Mon) 11:37:07

安達太良、まさに振り子沢「万歳」です。皆さん満面の笑みを浮かべています。

Re: 安達太良山・くろがね小屋泊山スキー - smile-telemarker

2019/03/04 (Mon) 11:42:01

今回の山行の核心部はここです。アイゼンを装着して慎重に通過しました。馬車道は雪が緩み滑りやすい状況でしたがスピードコントロールが重要です。

Re: 安達太良山・くろがね小屋泊山スキー - smile-telemarker

2019/03/04 (Mon) 11:48:08

スキー場脇にある「奥岳の湯」の露店風呂は素晴らしく、2日間の汗を流しました。
締めくくりは小生は3回目の「空の庭」のレストランに皆さんをご案内、税込み1600円台でコーヒー、デザート付きのセットに大満足。リッチな気分が味わえお勧めですよ!!!
素晴らしい2日間をご一緒くださり、皆さんありがというございました。

妙高前山・滝沢尾根(2/24) - smile-telemarker

2019/02/26 (Tue) 03:39:10

小生にとって5年ぶりの妙高前山滝沢尾根ツアーはチーム福島との合同で、願ってもない好天のツアー日和です。

Re: 妙高前山・滝沢尾根(2/24) - smile-telemarker

2019/02/26 (Tue) 03:43:47

春山スキー先取りの暖かさ、赤観トップからシール登高、記念撮影してスタートです。今期からチームちば山に加わった右端のSKさん以外は全員60歳代70歳代の高齢者Pで総勢10名です。

Re: 妙高前山・滝沢尾根(2/24) - smile-telemarker

2019/02/26 (Tue) 03:45:37

ブナ林からダケカンバの樹林帯を気持ちよくシール登高です。

Re: 妙高前山・滝沢尾根(2/24) - smile-telemarker

2019/02/26 (Tue) 03:49:16

10~20cm の新雪が乗っているが下地は固く、チームちば山は早々とクトーを装着、急斜面の細尾根に乗り上げると滑りやすく威力を発揮した。

Re: 妙高前山・滝沢尾根(2/24) - smile-telemarker

2019/02/26 (Tue) 03:52:15

細尾根は急で、先行Pはなく小生がトップでできるだけ楽なルート取りを心掛けたがクトーを持参してないチーム福島の面々はやや苦労していた。

Re: 妙高前山・滝沢尾根(2/24) - smile-telemarker

2019/02/26 (Tue) 03:54:50

稜線に達すると豪快な神奈山の岩壁が見える。

Re: 妙高前山・滝沢尾根(2/24) - smile-telemarker

2019/02/26 (Tue) 03:59:05

大パノラマが広がって、八ヶ岳の左に富士山がうっすら見える空気の澄んだ素晴らしい日和です。

Re: 妙高前山・滝沢尾根(2/24) - smile-telemarker

2019/02/26 (Tue) 04:01:59

谷川連峰など上中越の山々のグレイトビューに皆さん見とれています。

Re: 妙高前山・滝沢尾根(2/24) - smile-telemarker

2019/02/26 (Tue) 04:08:55

1932mの前山山頂、稜線は風が強く、雪庇、シュカブラ、ガリなどハイクアップにやや苦労する。春の陽気であるが、吹き溜まりは20㎝強のパフパフである。

Re: 妙高前山・滝沢尾根(2/24) - smile-telemarker

2019/02/26 (Tue) 04:12:00

1時間50分で前山山頂に到着した。風がなくまったり、ゆっくり行動食を取り、滑走準備をした。

Re: 妙高前山・滝沢尾根(2/24) - smile-telemarker

2019/02/26 (Tue) 04:17:37

小生は今回で5~6回目、チーム福島の5名とチームちば山の2名は初体験のクラシックルート、序盤戦のしばらく(標高差100mほど)続く細尾根を目の前に期待と不安の記念撮影です。

Re: 妙高前山・滝沢尾根(2/24) - smile-telemarker

2019/02/26 (Tue) 04:21:43

トップで慎重にエントリーしてみると、滑りやすい雪質で一安心、狭くやや急であるが慎重にスピードコントロールターンをしながら高度を下げた。

Re: 妙高前山・滝沢尾根(2/24) - smile-telemarker

2019/02/26 (Tue) 04:23:31

慣れてくると素晴らしいターンが刻めるようになり、皆さん気持ちよく滑走。

Re: 妙高前山・滝沢尾根(2/24) - smile-telemarker

2019/02/26 (Tue) 04:28:10

平坦な地点で一休み、妙高山本峰、三田原山・赤倉山の外輪山と南地獄谷の大迫力のグレイトビューに大興奮で、期せずして撮影タイムとなりました。

Re: 妙高前山・滝沢尾根(2/24) - smile-telemarker

2019/02/26 (Tue) 04:29:36

記念撮影して細尾根の後半戦です。

Re: 妙高前山・滝沢尾根(2/24) - smile-telemarker

2019/02/26 (Tue) 04:31:29

細尾根の後半はこんな感じです。

Re: 妙高前山・滝沢尾根(2/24) - smile-telemarker

2019/02/26 (Tue) 04:34:54

細尾根のフィナーレは30度くらいの急斜面です。最後尾で手助けくださった最年少のSKさん素晴らしいフォームで攻めています。

Re: 妙高前山・滝沢尾根(2/24) - smile-telemarker

2019/02/26 (Tue) 04:38:27

ブナ林の尾根に入る前のオープン斜面は滑りやすく、KWさん気持ちよくテレターンを決めています。

Re: 妙高前山・滝沢尾根(2/24) - smile-telemarker

2019/02/26 (Tue) 04:46:07

標高1000mで渡渉して緩やかに登って赤観ホテル前のゲレンデに出る滝沢尾根ルートは東南東から後半は東方向に展開する尾根である。上部は小さな沢地形がいくつかあるため、右に谷を望みながら一番右の尾根に乗ることが必須です。ここがその地点です。

Re: 妙高前山・滝沢尾根(2/24) - smile-telemarker

2019/02/26 (Tue) 04:49:39

中斜面斜面が多くウエーブ・凹凸もあり湿雪でややターンしにくくなってきたが、華麗なテレターンを見せるKWさんです。

Re: 妙高前山・滝沢尾根(2/24) - smile-telemarker

2019/02/26 (Tue) 04:56:46

小生は今回はATです。華麗なKWさんのテレターンを見ると悪雪ほどテレマークのほうがターンしやすいと感じます。植木毅プロのアルペンシュテムというテクニックhttps://search.yahoo.co.jp/video/search;_ylt=A2RhZOYv7XJcg2AAx7SJBtF7?p=%E6%A4%8D%E6%9C%A8%E6%AF%85&fr=top_ga1_sa&ei=UTF-8

を思い出しやってみるとやはり悪雪でもターンしやすいことが実感でき、チーム福島のKAさんにアドバイスしました。

Re: 妙高前山・滝沢尾根(2/24) - smile-telemarker

2019/02/26 (Tue) 05:00:12

ブナ林滑走は気持ち良いものです。初挑戦のSKさんはすっかりこのクラシックルートが気に入ったようで、気持ちよくツリーランしています。

Re: 妙高前山・滝沢尾根(2/24) - smile-telemarker

2019/02/26 (Tue) 05:04:35

小さな沢地形が出てくるとつい左方向かと思いがちになるが、右の大きな谷を沿って下ります。右の大きな谷の脇で一休みしました。

Re: 妙高前山・滝沢尾根(2/24) - smile-telemarker

2019/02/26 (Tue) 05:09:57

渡渉地点の標高に近くなると複雑な地形になってきます。徐々に左方向に進路を変えて左の深い谷に近づいて渡渉点に下るところを物色します。先行シュプールのあるこの急な斜面を下ると渡渉点です。

Re: 妙高前山・滝沢尾根(2/24) - smile-telemarker

2019/02/26 (Tue) 05:18:41

これが渡渉点(1000m)です。このポイントしかなく手前で谷に降りたシュプールがありますが苦労しています。
全員無事通過、最後は余韻に浸りながらゲレンデを滑ってフィニッシュです。体力的に徐々にきつくなってきましたが素晴らしい一日でした。初体験の7名をご案内できCL冥利につきます。皆さんご協力ありがとうございました。最後までしんがりで見守ってくれた最年少のSKさんありがとう、今後もご一緒してください。

鍋倉山(2/23)プチパウ - smile-telemarker

2019/02/26 (Tue) 02:00:15

今期2回目の鍋倉山、パウダーの旬は前週までと考え期待薄で出発、弱い冬型の影響で小雪が舞った。温井の積雪はこんな感じで2週間前と比べ、それほど減っていない。

Re: 鍋倉山(2/23)プチパウ - smile-telemarker

2019/02/26 (Tue) 02:08:34

2週間前の連休には35台位が路上駐車していたが、地元のご厚意で臨時駐車場が設置された。臨時駐車場は除雪されたスペースが2か所で収容台数は12~13台ほど。見回りに来た地元の方がおしゃっていたが、駐車位置によっては融雪のため、帰りにスタックしJAFに助けてもらったとのこと。今回はパウダー時期が終了のためか駐車している車は少なく15台ほど。

Re: 鍋倉山(2/23)プチパウ - smile-telemarker

2019/02/26 (Tue) 02:14:05

パックパウダーが硬い下地の上に10㎝前後、滑りやすいエリアを物色しながら雪の止んだブナ林を快調にシール登行

Re: 鍋倉山(2/23)プチパウ - smile-telemarker

2019/02/26 (Tue) 02:18:11

天気の回復を願ったが稜線から山頂付近はガスガスで風もやや強くそそくさと滑走準備をして記念撮影、休憩している先行者は皆無であった。

Re: 鍋倉山(2/23)プチパウ - smile-telemarker

2019/02/26 (Tue) 02:25:33

今回のメンバーは足並みがそろっており山頂からダイレクトに急斜面ブナ林を滑走することにした。上部は風で飛ばされガリが露出している部分もあるが、ややパックされたパウダーに覆われているもエリアのほうが多い。それほど滑りにくくないがスピードが出すぎるため、コントロールしながら慎重にアルペンターンを交えて慎重に滑走した。

Re: 鍋倉山(2/23)プチパウ - smile-telemarker

2019/02/26 (Tue) 02:28:57

鍋倉初挑戦のSKさん、リズミカルに急斜面プチパウダーツリーランを楽しんでいます。

Re: 鍋倉山(2/23)プチパウ - smile-telemarker

2019/02/26 (Tue) 02:34:45

標高差約200mのまあまあの滑走感を味わい、再度登り上げです。天気も回復傾向になり霧氷の気持ち良いブナ林を稜線に向かってハイクアップです。

Re: 鍋倉山(2/23)プチパウ - smile-telemarker

2019/02/26 (Tue) 02:36:48

稜線からはガスも切れて関田山脈が奇麗です。

Re: 鍋倉山(2/23)プチパウ - smile-telemarker

2019/02/26 (Tue) 02:40:09

記念撮影して、さあ2本目のパウダー滑走です。青いテムレス
のSKさん嬉しそうです。

Re: 鍋倉山(2/23)プチパウ - smile-telemarker

2019/02/26 (Tue) 02:43:02

雪煙を舞い上げSKさんエントリーです。

Re: 鍋倉山(2/23)プチパウ - smile-telemarker

2019/02/26 (Tue) 02:48:55

絵になる稜線のテレターンです。

Re: 鍋倉山(2/23)プチパウ - smile-telemarker

2019/02/26 (Tue) 02:51:23

雪煙上げる小生のテレターンです。

Re: 鍋倉山(2/23)プチパウ - smile-telemarker

2019/02/26 (Tue) 02:54:12

斜度が緩むと気持ち良いターンを楽しんでいる最高齢のSAさん。

Re: 鍋倉山(2/23)プチパウ - smile-telemarker

2019/02/26 (Tue) 02:59:24

SKさんのシャッターチャンスはなかなか良いですね。
予想以上の気持ち良いプチパウダーを堪能できた一日でした。好天のザラメの時期に山頂でまったりしたく再度訪れたい気持ちですね。
宿は今回も馬曲温泉・梨の木荘でした。翌日はチーム福島と合同で久しぶりに妙高前山滝沢尾根です。

劇パう東谷山(2/17) - smile-telemarker

2019/02/19 (Tue) 03:58:30

今シーズン2/2に続いて2回目の東谷山、深雪ツアーも終盤の時期にもかかわらず最高の劇パうを堪能できた。今回は忙しいわが会の40才台の若手3人と同行した。前日の降雪は湯沢で20㎝ほどであったが、現地は深いところで腰パウでした。北西斜面は先行Pのシュプールが多いがノートラを選んでのツリーラン、I君も泳ぐように決めています。

Re: 劇パう東谷山(2/17) - smile-telemarker

2019/02/19 (Tue) 04:05:09

今回は一般的な二居峠―雪庇尾根ルートのストレスを避けて地王堂川沿い―南面作業道・尾根ルートを選択、大量降雪のため先行トレースがあり助かった。作業道ですが先行者の膝上ラッセルのトレースを快適に辿る。

Re: 劇パう東谷山(2/17) - smile-telemarker

2019/02/19 (Tue) 04:09:03

先行Pはどうやら早まって急な尾根にとりついている。我々は吹き溜まりで分かりにくい作業道ルートをそのまま進むが劇ラッセルでこんな場面に出くわし難儀した。大量降雪直後のトップはきつい。

Re: 劇パう東谷山(2/17) - smile-telemarker

2019/02/19 (Tue) 04:11:38

右側にルート変更するとあまり苦労せず進めた。ここが登りの核心部であった。

Re: 劇パう東谷山(2/17) - smile-telemarker

2019/02/19 (Tue) 04:16:53

先行Pはすごい急登りを脱して再び作業道ルートに出て、正規の最後の尾根にとりついていた。ラッセルのお礼を言って、わがPがラッセルの先頭に立つ、南面でありやや重の極めて深いラッセルに苦労しながら頑張って高度を上げる。

Re: 劇パう東谷山(2/17) - smile-telemarker

2019/02/19 (Tue) 04:20:24

10年位前からこのルートに通っていたが今回が最も激しいラッセルであった。キックターンのポイントが大事で苦労するトップ。先ほどの作業道の吹き溜まりと同様、ルート選択の重要性を説明しながらハイクアップ。

Re: 劇パう東谷山(2/17) - smile-telemarker

2019/02/19 (Tue) 04:26:12

この稜線直下の尾根のブナ林はいつも感激する。今回も晴れ間が広がってきて、「東谷山ブルー」に映える素晴らしいブナ林に癒されながら最後の頑張りです。ラッセルでお世話になった先行Pは地元のガイドさんのボードPでした。山頂も近くなり談笑しながらハイクアップした。

Re: 劇パう東谷山(2/17) - smile-telemarker

2019/02/19 (Tue) 04:29:14

一気につらいハイクアップから解放され、最後尾で撮影しながら歩を進めた。

Re: 劇パう東谷山(2/17) - smile-telemarker

2019/02/19 (Tue) 04:37:14

山頂に到着しそうな一般ルートから登ってきた大勢のPが見えます。既に滑走シュプールもかなり見られます。滑走意欲を抑えながら最後の頑張りです。一般ルートで上がってきた若者Pの所要時間は3時間とのことでした。われわれは後半はラッセルで苦労しましたが3時間40分ほどの所要時間を要しましたが、やはり今回のルートのほうがストレスは少なく高齢者・女性向きですね。ラッセルがなしであれば3時間強で登れるでしょう。

Re: 劇パう東谷山(2/17) - smile-telemarker

2019/02/19 (Tue) 04:45:56

2/10日のnice edgeはお客さんをガイドし二居峠ルートで5時間かかったとのこと。時間的余裕があるため、1本目は混んでいてもいつもノートラを楽しめる北斜面に若者を案内した。今回は東谷山初体験の2名にこの素晴らしいツアールートを伝授することが目的です。スタート直後は緩斜面ですが軽いパウダーに気持ちよくターンできます。

Re: 劇パう東谷山(2/17) - smile-telemarker

2019/02/19 (Tue) 04:48:34

I君が続きます。素晴らしい滑走感覚です。

Re: 劇パう東谷山(2/17) - smile-telemarker

2019/02/19 (Tue) 04:54:06

小生は今回はATです。深雪ツアーはテレマークのほうが気持ち良いと感じていますが、今回は激深い(タイトルの劇は間違いですね)が、ATでも浮遊感たっぷりで気持ちよくターンできます。マイシュプールの後方からメンバーが追随します。

Re: 劇パう東谷山(2/17) - smile-telemarker

2019/02/19 (Tue) 05:00:52

マイシュプールとI君の豪快な滑走シーンの会心のshotです。「今月のワンショット」に採用していただきましょう!! 写真はクリックすると大きくなります。

Re: 劇パう東谷山(2/17) - smile-telemarker

2019/02/19 (Tue) 05:05:44

あまり下りすぎるとラッセルが大変なため、今回は標高差80mほど、軽い極上パウダーは停止すると深いところで腰パウでした。シールを張るメンバーは腰まで埋まっていました。気持ち良いブナ林を頑張ってハイクアップです。

Re: 劇パう東谷山(2/17) - smile-telemarker

2019/02/19 (Tue) 05:08:28

間もなく山頂です。前日の降雪の厳しさがブナの樹肌から感じられます。

Re: 劇パう東谷山(2/17) - smile-telemarker

2019/02/19 (Tue) 05:11:58

やはり北斜面のノートラは美味しゅうございました。行動食休憩ごいよいよ貝掛温泉に向かってのロングツリーランです。平標・仙ノ倉をバックに記念撮影後スタートしました。

Re: 劇パう東谷山(2/17) - smile-telemarker

2019/02/19 (Tue) 05:14:41

先行シュプールのなるべく少ないノートララインを選んで滑走開始。

Re: 劇パう東谷山(2/17) - smile-telemarker

2019/02/19 (Tue) 05:17:21

今回唯一のテレマーカーNWさんが華麗に続きます。

Re: 劇パう東谷山(2/17) - smile-telemarker

2019/02/19 (Tue) 05:19:55

急斜面は激深です。小生もATで楽しんでいます。

Re: 劇パう東谷山(2/17) - smile-telemarker

2019/02/19 (Tue) 05:23:10

Uさんも激パウを楽しんでいます。

Re: 劇パう東谷山(2/17) - smile-telemarker

2019/02/19 (Tue) 05:25:04

激パウと格闘し切り抜けている場面もあります。

Re: 劇パう東谷山(2/17) - smile-telemarker

2019/02/19 (Tue) 05:36:02

下部はすり鉢状に収斂し木々が多く、先行シュプールでギタギタです。2/2ほど重くはなっていませんが、深雪過ぎる急斜面に苦労します。果敢に慎重に攻めるI君です。最後まで気を抜かないようアドバイスしながらフィナーレを迎えました。貝掛温泉到着に間に合わせるように待ち時間0分でバスに乗車できラッキーでした。若者3人にこのルートを伝授でき幸せを感じる一日でした。

Re: 劇パう東谷山(2/17) - smile-telemarker

2019/02/19 (Tue) 05:39:45

今回のGPSトラックです。来年も行けるようトレーニングに精進しましょう。来月末は佐倉フルです。今月は月間130㎞ほどに延ばさなくては!!

鍋倉山(2/10)・赤倉山(2/11) - smile-telemarker

2019/02/13 (Wed) 02:28:07

この3連休は例年スキー場、BCエリアは大賑わいである。冬型の残る10日、気象条件が厳しい中、標高の低い鍋倉山には9:30スタート時点ですでに35台ほどの車が駐車、小生が目の当たりにした最高台数で、ますます人気度が増した感がします。

Re: 鍋倉山(2/10)・赤倉山(2/11) - smile-telemarker

2019/02/13 (Wed) 02:37:50

最寄りの戸狩スキー場の積雪は260㎝、雪壁はこんな感じです。今回はゲスト3名を加え8名で51才から80才、平均62才で相変わらず高齢者Pです。

Re: 鍋倉山(2/10)・赤倉山(2/11) - smile-telemarker

2019/02/13 (Wed) 02:42:01

かなりの降雪量でスタート間もなくの小屋は埋もれています。この数年は積雪量が少なく、こんな光景は目にしていませんでした。

Re: 鍋倉山(2/10)・赤倉山(2/11) - smile-telemarker

2019/02/13 (Wed) 02:49:09

台地に上がると風が強く、降りしきる雪の中、格好良い名物の大木で追い抜いて行ったPが休憩しています。固い弱層の上に新雪が深いところで60~70㎝程、風の強いエリアで30㎝程度のところもあるが、劇パう過ぎて苦労しそうです。

Re: 鍋倉山(2/10)・赤倉山(2/11) - smile-telemarker

2019/02/13 (Wed) 02:53:17

間もなくオープン台地から西ノ沢を右下にしたブナ林に突入します。

Re: 鍋倉山(2/10)・赤倉山(2/11) - smile-telemarker

2019/02/13 (Wed) 02:58:51

ブナ林突入前の左のオープン急斜面には既にシュプールが数本刻まれていましたが、それにしても深雪過ぎるようです。ブナ林に入ると風は弱く新雪は深く。先行トレースを辿っても急斜面のトラバース登高は苦労します。

Re: 鍋倉山(2/10)・赤倉山(2/11) - smile-telemarker

2019/02/13 (Wed) 03:01:54

漸くトラバース登高から解放され、雪も小康状態となり気合の記念撮影をしました。

Re: 鍋倉山(2/10)・赤倉山(2/11) - smile-telemarker

2019/02/13 (Wed) 03:10:12

いつ来ても素晴らしいブナ林に癒され気分よくシール登行できます。登り返して複数回滑走するPが多い、この北東ブナ林斜面ですがまだ滑走してくるPはなく静寂の佇まいです。

Re: 鍋倉山(2/10)・赤倉山(2/11) - smile-telemarker

2019/02/13 (Wed) 03:16:52

上部に来ると風が強くなってきて一時暴風雪模様,登頂は無理かと考えたが、間もなく雪は止み、ガスが立ち込めてきました。左の山頂からの急斜面に静寂を破る雄叫びが聞こえてきました。雪崩の心配はなさそうです。

Re: 鍋倉山(2/10)・赤倉山(2/11) - smile-telemarker

2019/02/13 (Wed) 03:19:46

黒倉山との暗部の稜線まであと一息、幻想的ですね!!
鍋倉山の醍醐味の一つにシャッターを切りました。

Re: 鍋倉山(2/10)・赤倉山(2/11) - smile-telemarker

2019/02/13 (Wed) 03:28:36

鍋倉BC初体験の2名のためにも、ガスの視界不良の中、頑張って登頂しました。数Pが休憩、行動食を摂取してスタートです。ガスが薄くなってきました。わがPのスキー板は95㎜の方が最高であとの方々は80㎜台で深雪過ぎて苦労します。慎重に稜線の気持ち良いパうダーランで迂回してブナ林向かって飛び込みました。

Re: 鍋倉山(2/10)・赤倉山(2/11) - smile-telemarker

2019/02/13 (Wed) 03:38:59

センター100㎜、176㎝のBDのドリフトは最近体力がなく、取り回しで苦労するため、今シーズンはあまり使用していません。今回もこれほど多くは積もってないだろうと88m㎜のG3を持参したが、急斜面は深雪過ぎてやや重パウダーで浮かず思うに任せません。しまった中斜面では何とか気持ち良いターンを刻めます。右のわがシュプールの脇をメンバーがプルーク滑走します。

Re: 鍋倉山(2/10)・赤倉山(2/11) - smile-telemarker

2019/02/13 (Wed) 03:45:40

また雄叫びを上げて山頂からの急斜面を気持ちよく滑走してきた若者と談笑しました。驚いたことに昨年6月に乗鞍で談笑した上田からの若者Pでした。小生と最高齢のTRさんの年齢を聞いてびっくりしていました。彼らの板はまさに超スーパーファットで130㎜、小生も少なくとも100㎜のファットを持参していればと悔やまれることしきりでした。

Re: 鍋倉山(2/10)・赤倉山(2/11) - smile-telemarker

2019/02/13 (Wed) 03:50:06

また急斜面を雄叫びとともに若い女性ATスキーヤーが気持ちよく滑走してきました。羨ましい!!! わがPは今日はやや辛口の滑走でした。

Re: 鍋倉山(2/10)・赤倉山(2/11) - smile-telemarker

2019/02/13 (Wed) 04:45:56

深雪に慣れてないメンバーはバランスを崩し転倒すると大変です。頭が雪に埋もれて窒息しそう、お風呂に入ったようでもがいてても起き上がれないなどなど。

Re: 鍋倉山(2/10)・赤倉山(2/11) - smile-telemarker

2019/02/13 (Wed) 04:49:12

前夜、定宿の馬曲温泉の夕食宴会で盛り上がり安眠、2日目妙高に向かった。天気はまあまあ、車窓からの妙高山が素晴らしい。

Re: 鍋倉山(2/10)・赤倉山(2/11) - smile-telemarker

2019/02/13 (Wed) 04:53:59

神奈山藤巻尾根の予定であったが、大雪のためうずたかく積まれた雪壁に阻まれ、入山口に向かう林道に向かうことができず断念に、杉ノ原スキー場トップから赤倉山に転進した。

Re: 鍋倉山(2/10)・赤倉山(2/11) - smile-telemarker

2019/02/13 (Wed) 04:58:53

この数年、スキー場の賑わいが回復傾向にあるようだ。最も賑わうう2月連休のためもあり、外国人も多くゴンドラ乗り場は混雑、1480mのトップからスタート、林道に向かった。

Re: 鍋倉山(2/10)・赤倉山(2/11) - smile-telemarker

2019/02/13 (Wed) 05:03:45

林道から南東尾根にとりつく。尾根は風のためか新雪の深くなく締まっている。気持ち良いブナ林・ダケカンバの大木などを楽しみながら気持ち良いハイクアップにテンションアップ。鍋倉や関温泉ほど新雪は深くなく30~50㎝ほどで気持ち良いパうダーランが楽しめそう!!

Re: 鍋倉山(2/10)・赤倉山(2/11) - smile-telemarker

2019/02/13 (Wed) 05:13:07

エントリーポイントの1920mPの直下のオープン斜面は要注意です。南向きで雪質が変化している。急斜面のため左のほうに回り込んで先行トレースがあり、トラバース気味に上がって行く。下地が固いガリのため、シールが効きにくく雪が流れる。脚力の弱いメンバーは転倒しやすく、右側に進路変更したり、なんとかツボ足で登り上げた。左急斜面に滑落すると大変なエリアで危険です。前もって上に向かって右側にジグを切って上がるべきでした。

Re: 鍋倉山(2/10)・赤倉山(2/11) - smile-telemarker

2019/02/13 (Wed) 05:15:52

1920mPは細尾根の手前、風が強く、素早く、行動食摂取、滑走準備してスタートとした。

Re: 鍋倉山(2/10)・赤倉山(2/11) - smile-telemarker

2019/02/13 (Wed) 05:27:24

積雪が十分となり今回のルートは赤倉ゴルフ場下(710m)までのロングルートです。登りは2時間強、滑走は標高差1210m東南東から東北東向きの良質の雪質が温存されやすい林間ルートで素晴らしい中級向けのロングルートで、小生は好んで頻回にメンバーを案内しにています。山頂直下のオープン斜面は急で慣れないメンバー少し苦労しましたが、間もなく林間に入ると、期待通りの気持ち良い素晴らしい滑り心地です。

Re: 鍋倉山(2/10)・赤倉山(2/11) - smile-telemarker

2019/02/13 (Wed) 05:31:19

TAさんも恐怖心が解消され、気持ちよくリズムを刻んでいます。これぞ、パウダーツリーランの醍醐味ですね!!

Re: 鍋倉山(2/10)・赤倉山(2/11) - smile-telemarker

2019/02/13 (Wed) 05:33:40

宇都宮からのIさんも雄叫びdancing powder runを楽しんでいます。

Re: 鍋倉山(2/10)・赤倉山(2/11) - smile-telemarker

2019/02/13 (Wed) 05:38:52

極めつけは最高齢のTRさんの素晴らしい巣張りです。
彼はパうダーラン大好きで、他のメンバーから「鶴パウ」という新語を頂き最後まで快調でした。

Re: 鍋倉山(2/10)・赤倉山(2/11) - smile-telemarker

2019/02/13 (Wed) 05:44:26

無事1580mの林道近くに降りました。この後池の平スキー場の旧リフト切り開きエリアを滑走し、リフトトップの1400m左のブナ林で休憩した。この後はフィナーレまで、まだ標高差700mほどの滑走あが待っています。

Re: 鍋倉山(2/10)・赤倉山(2/11) - smile-telemarker

2019/02/13 (Wed) 05:49:17

池の平スキー場ゲレンデの北の広い尾根は緩斜面が主体ですが、雪質が良く気持ちよくターンできます。標高1100mあたりからからやや急な斜面を左に降り最終的に白田切川に沿った林道に出ます。

Re: 鍋倉山(2/10)・赤倉山(2/11) - smile-telemarker

2019/02/13 (Wed) 06:00:06

今回は先行トレースがあったため、ゴルフ場までの水平移動は楽でした。このルートを最後まで滑走する山スキーヤーはそれほど多くなく、いつも静かなツアーを楽しめる素晴らしいルートです。今回で6~7回経験しているルートですが、今回は終始良質パウダーを楽しむことができピカイチのツアーでした。赤観リゾート駐車場からはシャトルバス(500円、30分に一本)で杉ノ原スキー場の駐車場に戻ります。バスには多くの中国人ボーダーが同乗しており、妙高地区も多くの外国人で賑わうようになっています。NHKニュースで中国人の爆買いが終了し最近は爆滑りとのことです。

東谷山ブナ林ツリーラン2/2 - smile-telemarker

2019/02/03 (Sun) 14:19:10

前日までの24時間で湯沢の降雪量は40㎝強、冬型は緩むが天気予想では午前中は雪、雪崩予想は「留意レベル}の中、二居峠仁向かってスタートした。神楽スキー場の積雪もかなり増加し440㎝、BCには十分な積雪である。8:30過ぎのスタート、すでに先行Pはかなりあるようだ。

Re: 東谷山ブナ林ツリーラン2/2 - smile-telemarker

2019/02/03 (Sun) 14:30:57

小生は数日前古希を迎え、今回のメンバーは75才を筆頭に70才以上が3人は東谷山に頻回に訪れている。46才の初体験のSさんを素晴らしいブナ林ツリーランを経験させるべく4人で訪れた。登りの一般的ルートである二居峠から雪庇の尾根を進むルートを今回選択した。

Re: 東谷山ブナ林ツリーラン2/2 - smile-telemarker

2019/02/03 (Sun) 14:36:50

しっかりした先行トレースを辿りいよいよ細尾根の雪庇帯に突入です。風のため、シュカブラや積雪が少ない硬い部分、左の林の藪がうるさいエリア、急斜面など苦労する場面が出てくる。

Re: 東谷山ブナ林ツリーラン2/2 - smile-telemarker

2019/02/03 (Sun) 14:41:51

持参したクランポンを早々と装着、ストレスを少なくし進む。雪庇とシュカブラの芸術を楽しんだりしながら緊張して核心部を通過する。

Re: 東谷山ブナ林ツリーラン2/2 - smile-telemarker

2019/02/03 (Sun) 14:44:19

先行P、特に女性はかなり苦労して登高している。

Re: 東谷山ブナ林ツリーラン2/2 - smile-telemarker

2019/02/03 (Sun) 14:48:43

雪庇も終盤になってきて記念撮影した。この後は左の林間急斜面を登りきるとようやく斜度が緩んで山頂に近づいてくる。

Re: 東谷山ブナ林ツリーラン2/2 - smile-telemarker

2019/02/03 (Sun) 14:51:50

ブナやダケカンバの素晴らしい緩斜面を山頂に向かう。

Re: 東谷山ブナ林ツリーラン2/2 - smile-telemarker

2019/02/03 (Sun) 14:56:17

3年連続訪れているが、いつ来ても素晴らしいブナ林に癒されます。今回も苦労して頑張ってよかったと感じる一時です。

Re: 東谷山ブナ林ツリーラン2/2 - smile-telemarker

2019/02/03 (Sun) 14:59:41

若者Pは、グイグイ先行して山頂に到着している。早くパウダーランを楽しみたいという気持ちを抑えながら、撮影を楽しんだ。

Re: 東谷山ブナ林ツリーラン2/2 - smile-telemarker

2019/02/03 (Sun) 15:23:23

スタートして4時間で山頂に到着、多くの先行者が休憩していた。今回の二居峠経由の雪庇ルートは一般的であるが,高齢者や女性にはタフな登りである。わが会では3年連続訪れているが、いつもは地王堂川沿いの道路をしばらく進み標高1040m付近で日白山へのルートとの分岐点を北に向かい、台地上のエリアから作業道(?)ルートをジグザグに高度を上げてを行き、最後は山頂の南の尾根に乗り上げるルートを選択している。ストレスは少なくやや時間を要するが、このルートがやはり良いと感じた。

Re: 東谷山ブナ林ツリーラン2/2 - smile-telemarker

2019/02/03 (Sun) 15:32:06

時間的余裕があったため雪質の良い北斜面の標高差100m余りの、ノートラ雄叫びパウダーランを楽しんだ。

Re: 東谷山ブナ林ツリーラン2/2 - smile-telemarker

2019/02/03 (Sun) 15:36:37

山頂からの北斜面はいつも素晴らしい雪質を提供してくれる。ノートラを楽しめるため、余裕があるときには、登り返しを覚悟して飛びこむ。メンバー全員、満面の笑みで登り返しは若いSさんに引っ張られて頑張った。

Re: 東谷山ブナ林ツリーラン2/2 - smile-telemarker

2019/02/03 (Sun) 15:42:06

いよいよ片貝温泉入り口までの標高差850mの北西ルート大滑走です。スタート前に平標山方面をバックに記念撮影です。

Re: 東谷山ブナ林ツリーラン2/2 - smile-telemarker

2019/02/03 (Sun) 15:45:55

先行者のシュプールがかなりありますが、広大なすり鉢状のブナ林中急斜面、雪質もgood、思い思いのシュプールを描けます。かなりスピードが出るため、慎重にスピードコントロールしながらの滑走です。

Re: 東谷山ブナ林ツリーラン2/2 - smile-telemarker

2019/02/03 (Sun) 17:48:25

東谷山初体験のSKさん、華麗なATターンを披露。

Re: 東谷山ブナ林ツリーラン2/2 - smile-telemarker

2019/02/03 (Sun) 17:52:29

上部は40㎝程の新雪、板はあまり沈まず、スピードコントロールがポイント。

Re: 東谷山ブナ林ツリーラン2/2 - smile-telemarker

2019/02/03 (Sun) 17:55:06

下部に行くほど重くなり新雪は60㎝あまり、やや重パウダーを堪能しています。

Re: 東谷山ブナ林ツリーラン2/2 - smile-telemarker

2019/02/03 (Sun) 18:03:18

沢床に近づくと樹木が多くなり、思い深雪に難儀しながら慎重に下った。高齢者が多いPのため、筋肉疲労から痙攣したり、悪雪に苦労しながら無事フィナーレを迎えた。いつ来ても素晴らしい、ブナ林ツリーランルートであるが、年々体力の衰えを感じ、再訪する気力が来期も湧き上がるか???

千葉の雪景色(2/1) - smile-jogger

2019/02/01 (Fri) 10:36:07

降雨が殆どなかった平成最後の一月、31日は夕方の雨が夜半の雪に変わり今冬初めての雪景色。月と星の輝く未明のわが家の駐車場。2月は雪景色で始まった。

Re: 千葉の雪景色(2/1) - smile-jogger

2019/02/01 (Fri) 10:39:29

わが家の庭はこんな感じ、積雪1㎝ほど、道路は凍結で怖い。

Re: 千葉の雪景色(2/1) - smile-jogger

2019/02/01 (Fri) 10:43:09

朝ランはいつもより遅く8時過ぎにスタート、日当たりの良い道路や幹線道路は問題ないが、畑や田圃の中のランニングルートはツルツルの部分が多く、慎重にゆっくり進んだ。千葉でこんな綺麗な雪花の木が見れるのはめったにない。

Re: 千葉の雪景色(2/1) - smile-jogger

2019/02/01 (Fri) 10:44:20

雑木林も日の照らされ綺麗です。

Re: 千葉の雪景色(2/1) - smile-jogger

2019/02/01 (Fri) 10:45:26

田圃も真っ白です。

Re: 千葉の雪景色(2/1) - smile-jogger

2019/02/01 (Fri) 10:46:48

道路は消えているが、真白な歩道を走るのは気持ちよい。

Re: 千葉の雪景色(2/1) - smile-jogger

2019/02/01 (Fri) 10:48:05

クリスマスツリーの様な木々も見られます。

Re: 千葉の雪景色(2/1) - smile-jogger

2019/02/01 (Fri) 10:49:05

公園もまだ静かな佇まいです。


Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.