ちば山の会 共通他掲示板

99605
名前
件名
メッセージ
画像
メールアドレス
URL
文字色
編集/削除キー (半角英数字のみで4~8文字)
プレビューする (投稿前に、内容をプレビューして確認できます)

梅雨時の志賀高原 - smile-hiker

2017/06/20 (Tue) 16:05:23

志賀高原周辺はスキーではよく訪れた。ハイキングでは夏の横手山・東館・草津白根と紅葉の時期に木戸池・田の原湿原・蓮池周辺を訪れた経験があるが、梅雨時の志賀高原ハイクは初体験である。2日目は熊の湯から志賀山・裏志賀山・四十八池・鉢山を巡る周回ルートを楽しんだ。笠ヶ岳をバックに前山脇の登山道を進んだ。

Re: 梅雨時の志賀高原 - smile-hiker

2017/06/20 (Tue) 16:07:39

先ずは渋池です。横手山が見えます。

Re: 梅雨時の志賀高原 - smile-hiker

2017/06/20 (Tue) 17:23:35

池巡りコースに周辺のいくつかのピークを登る変化に富んだ魅力いっぱいのルート、ムラサキヤシオが綺麗です。

Re: 梅雨時の志賀高原 - smile-hiker

2017/06/20 (Tue) 17:25:15

今シーズンは横手山・渋峠は積雪が多く、ルートにはまだ残雪が残っています。

Re: 梅雨時の志賀高原 - smile-hiker

2017/06/20 (Tue) 17:29:29

標高2036mの志賀山へ標高差150余り、深山の雰囲気を醸し出す急登り、いろいろな花が楽しめた。イワカガミのお出ましです。

Re: 梅雨時の志賀高原 - smile-hiker

2017/06/20 (Tue) 17:34:01

ムラサキヤシオが奥に見えますが、オオカメノキが素晴らしい!!!

Re: 梅雨時の志賀高原 - smile-hiker

2017/06/20 (Tue) 17:36:03

山頂付近は岩山です。

Re: 梅雨時の志賀高原 - smile-hiker

2017/06/20 (Tue) 17:38:55

急で岩のある登山道を登りきると間もなく三角点のある頂上であるが視界は効かない。

Re: 梅雨時の志賀高原 - smile-hiker

2017/06/20 (Tue) 17:42:26

可憐な黄色いスミレ!

Re: 梅雨時の志賀高原 - smile-hiker

2017/06/20 (Tue) 17:44:16

裏志賀山との鞍部付近には残雪たっぷりの斜面があり、スキーを持参しなかったのが悔やまれた???

Re: 梅雨時の志賀高原 - smile-hiker

2017/06/20 (Tue) 17:48:48

四十八池に向かう登山道の途中で裏志賀山へピストン、視界が開けると、四十八池湿原の向こうに横手山が見える。

Re: 梅雨時の志賀高原 - smile-hiker

2017/06/20 (Tue) 17:51:06

裏志賀山の山頂には志賀山神社がある。

Re: 梅雨時の志賀高原 - smile-hiker

2017/06/20 (Tue) 17:56:23

少し先に進むと今日のハイライト・エメラルドグリーンの湖面が目に飛び込んできた。なんと素晴らしいグレイトビューであろう。我々以外にも数パーテイきており、歓声が上がった。強度の酸性で魚は生息できないが、ため息の出るような色合いなのだ!!! 志賀高原の奥深さを実感できた。

Re: 梅雨時の志賀高原 - smile-hiker

2017/06/20 (Tue) 18:00:08

興奮冷めやらない気分で四十八池湿原に向かって降りていくと
、漸く登山道脇にシャクナゲを見つけました。

Re: 梅雨時の志賀高原 - smile-hiker

2017/06/20 (Tue) 18:01:50

湿原はこんな感じで素晴らしいです。

Re: 梅雨時の志賀高原 - smile-hiker

2017/06/20 (Tue) 18:08:07

水芭蕉はお化け水芭蕉はよく見られましたが、ついに雪が消えたばかりの湿原には、しっかり水芭蕉の群落が残っていました。6月中旬のこのルートは素晴らしいですね。いろいろな花も楽しめ、この世のものとも思えないエメラルドグリーンの大沼池も楽しめ、本当に素晴らしい志賀高原で、つい「志賀高原バンザーイ」と心の中で叫んでしまいました。

Re: 梅雨時の志賀高原 - smile-hiker

2017/06/20 (Tue) 18:10:22

鉢山への登り登山道も花が楽しめました。イワナシです。

Re: 梅雨時の志賀高原 - smile-hiker

2017/06/20 (Tue) 18:11:44

ノウゴウイチゴです。

Re: 梅雨時の志賀高原 - smile-hiker

2017/06/20 (Tue) 18:14:41

ミツバオーレンも志賀山への登りで見つけました。

Re: 梅雨時の志賀高原 - smile-hiker

2017/06/20 (Tue) 18:17:54

5時間余りのツアーが終了し、渋峠から国道最高地点に行ってみたが、残念ながら視界不良で草津白根山・芳ヶ平方面は見れなかった。

Re: 梅雨時の志賀高原 - smile-hiker

2017/06/20 (Tue) 18:26:10

笠ヶ岳をピストンし、山田牧場経由で松川渓谷温泉の素晴らしい露天風呂を楽しむ予定であったが、通行止めのため今回は断念、宿題として残った。秋の紅葉に時期にでも、大沼池の畔の紅葉を楽しんで再挑戦してみようと考えている。
今回は計画を急遽変更し、草津温泉・賽の河原の大露天風呂を楽しみ、湯畑で記念撮影をして、充実した2日間を終了した。

信越トレイル:赤池~涌井 - smile-hiker

2017/06/20 (Tue) 03:48:49

信越トレイルセクション2の赤池~沼の原湿原~希望湖~毛無山~涌井に行ってきました。わが会として信越トレイルを歩くのは3回目、過去の2回はいずれも秋、今回初めて新緑のシーズンのハイクである。前勤務先の信濃町のハイキング仲間と赤池駐車場に集合してまずは記念撮影です。

Re: 信越トレイル:赤池~涌井 - smile-hiker

2017/06/20 (Tue) 03:52:27

トレイルに入ると整備された新緑のブナ林は気持ちよい。

Re: 信越トレイル:赤池~涌井 - smile-hiker

2017/06/20 (Tue) 03:57:03

標高900m前後のトレイルは全行程ブナ林が素晴らしい。

Re: 信越トレイル:赤池~涌井 - smile-hiker

2017/06/20 (Tue) 04:07:10

湿原はニッコウキスゲにはまだ早いがサワオグルマで一面黄色の世界が広がっている。

Re: 信越トレイル:赤池~涌井 - smile-hiker

2017/06/20 (Tue) 04:11:27

鮮やかな朱色のレンゲツツジが点々とみられる。

Re: 信越トレイル:赤池~涌井 - smile-hiker

2017/06/20 (Tue) 04:12:43

アヤメも咲き始めた。

Re: 信越トレイル:赤池~涌井 - smile-hiker

2017/06/20 (Tue) 04:24:32

釣り客が見られる沼ノ池(希望湖)から毛無山(大平峰)に標高差160m登り視界の効かない頂上の少し先に志賀高原から野沢温泉スキー場が見渡せる展望台がある。

Re: 信越トレイル:赤池~涌井 - smile-hiker

2017/06/20 (Tue) 07:42:55

この時期はまだ「ワラビ」があります。皆さん採取に夢中になりました。

Re: 信越トレイル:赤池~涌井 - smile-hiker

2017/06/20 (Tue) 07:48:44

フィナーレの涌井まで5時間余りの充実したハイキング、信濃町ハイク仲間のご主人にお願いしてデポしておいた車で赤池まで自車を回収、途中にこんな癒されるお地蔵さん?がありました。

Re: 信越トレイル:赤池~涌井 - smile-hiker

2017/06/20 (Tue) 07:58:35

飯山のベイシアで買い出しをして、いつも利用する好評の馬曲温泉の梨の木荘へ、ゆっくり温泉を楽しみ、女性陣が準備した夕食はこんな豪華版になりました。わらび・ふき・みず・うどなどの山菜、餃子・焼き鳥・そしてIさんが自分の家で作っている大きな落花生(ぬれ落花生)、豚汁、美味が揃ってお酒が進み、楽しいお話しに盛り上がりました。山菜は家族へのお土産にできるほどであった。

乗鞍岳滑り納 - smile-telemarker

2017/06/12 (Mon) 20:51:23

6月11日、2016~2017山スキーシーズンの滑り納を乗鞍岳で楽しんできました。
梅雨入りしたが降雨は少ない、絶好のツアー日和をゲット、乾燥した清々しい乗鞍は滑り納めとしては最高の舞台を提供してくれた。入山者はやや少なく始発バスは3台、肩の小屋口はこんな感じです。

Re: 乗鞍岳滑り納 - smile-telemarker

2017/06/12 (Mon) 20:54:10

気合を入れてシール登行開始。

Re: 乗鞍岳滑り納 - smile-telemarker

2017/06/12 (Mon) 20:59:05

残雪量が多く、稜線まで雪は繋がっており、シール登行可であった。

Re: 乗鞍岳滑り納 - smile-telemarker

2017/06/12 (Mon) 21:02:22

空気が澄んでおり山頂からは素晴らしいグレイトビューを楽しめた。

Re: 乗鞍岳滑り納 - smile-telemarker

2017/06/12 (Mon) 21:06:42

山頂直下の小屋もオープンしている。昨年購入した紫色のテーシャツを着ており、小屋のおじさんと一緒に記念撮影、今年も美味しいコーヒータイムを楽しんだ。

Re: 乗鞍岳滑り納 - smile-telemarker

2017/06/12 (Mon) 21:10:41

いつもの蚕玉岳と朝日岳の間からスタート、スタート前の記念撮影です。

Re: 乗鞍岳滑り納 - smile-telemarker

2017/06/12 (Mon) 21:17:56

真っすぐ道路まで続く標高差350m、上部は35度程度の急斜面であるが、上質のザラメ、フィルムクラストも楽しめる滑りやすい条件であった。下部は降雨による縦溝と凸凹があるが、適度に緩んだ雪質でコントロール可。

Re: 乗鞍岳滑り納 - smile-telemarker

2017/06/12 (Mon) 21:20:29

豪快に飛ばすアルペンのSさん。

Re: 乗鞍岳滑り納 - smile-telemarker

2017/06/12 (Mon) 21:22:02

華麗なテレターンを決めるIさん。

Re: 乗鞍岳滑り納 - smile-telemarker

2017/06/12 (Mon) 21:27:24

位ヶ原山荘に向かう途中、登り返して冨士見岳の斜面を一本、楽しんだ。

Re: 乗鞍岳滑り納 - smile-telemarker

2017/06/12 (Mon) 21:29:44

滑り納めツアーもフィナーレ、満足の一日でした。

Re: 乗鞍岳滑り納 - smile-telemarker

2017/06/12 (Mon) 21:32:00

位ヶ原山荘でバスを待つ間、ジョッキを片手にご満悦の小生。

Re: 乗鞍岳滑り納 - smile-telemarker

2017/06/12 (Mon) 21:34:00

Iさんは蕗の薹をゲット!!

Re: 乗鞍岳滑り納 - smile-telemarker

2017/06/12 (Mon) 21:40:27

今回の温泉は、観光センターのすぐ近くにある、無料の半露天風呂で汗を流した。昨年地元の方から聞いていた温泉で、なかなか良い泉質のようであった。残雪たっぷり、上質のザラメ、山菜採り、無料の温泉、200%満足の滑り納め山スキーであった。しばらくsmile-telemarkerはお休みです。

徳本峠越え・上高地ウエストン祭 - smile-hiker

2017/06/07 (Wed) 08:49:01

6月3日~4日まで14名で島々から徳本峠・小屋泊、上高地でウエストン祭見学、好天に恵まれ素晴らしい山行にメンバーは大満足であった。これは残雪の穂高連峰をバックに新緑の上高地での記念写真です。

Re: 徳本峠越え・上高地ウエストン祭 - smile-hiker

2017/06/07 (Wed) 09:04:52

島々宿の安曇支所(725m)に駐車し小屋までの歩程は地図で7時間半、二俣から渓流沿いを進む。ウエストンが辿ったこの古道、小生は今回で3回目である。15年ほど前に単独で、峠にテント泊、翌日ウエストン祭を見学、その思い出と歴史的な徳本峠に宿泊したくて、半年ほど前から計画を練っていた。公募するとさすがに大人気で、14名の大所帯で峠に向かった。徳本峠経験者は私以外はKさんのみ。新緑が美しい渓流沿いの古道、沢を数回渡りながら徐々に高度を上げていく。

Re: 徳本峠越え・上高地ウエストン祭 - smile-hiker

2017/06/07 (Wed) 09:08:45

洪水で登山道が破壊、橋が流されなどで、1年以上通行できない期間もあった。この丸太橋は今回の核心部であった。橋が壊れて、今期に間に合わせて丸太の橋が水面から3mほど上に作られたが、とにかく怖い。若者はさすがにバランスが良いですね。Tさんのバランスよい橋渡です。

Re: 徳本峠越え・上高地ウエストン祭 - smile-hiker

2017/06/07 (Wed) 09:15:05

これは小生です。日頃のトレを十分やりながら毎週のようにハードでやや緊張する山スキーに没頭していますが、平衡機能は低下しており、大キレット・ジャンダルム周辺以上に、緊張した核心部でした。亀チームの先頭で渡りましたが、後続の方々の心配な表情が印象的です。

Re: 徳本峠越え・上高地ウエストン祭 - smile-hiker

2017/06/07 (Wed) 09:20:18

岩魚止小屋は営業していませんが、ここで休憩。15年ほど前には営業していて、美味しい岩魚の塩焼きを食べたのを思い出します。

Re: 徳本峠越え・上高地ウエストン祭 - smile-hiker

2017/06/07 (Wed) 09:34:02

渓流沿い登山道が終了、ニリンソウ・サンカヨウ・シロバナエンレイソウなどのお花が見れれるようになり、標高差400mの急斜面のジグザグ登山道を峠に向かった。さすがにロングルート、体調を崩すメンバーもいたが、焦らず、ゆっくり休み休み頑張り、ウサギチームに遅れること1時間余り、念願の徳本峠(小屋)に到着しました。小生は峠に来たのは4回目、テント泊2回、蝶が岳からの縦走の立ち寄り一回、今回は、新館貸し切り状態でした。
夕食までの楽しい宴会、ビール・氷結・ブランデイ―などで歓談、山菜の天ぷらの美味しい夕食、豪華な羽毛布団の快適な新館でした。

Re: 徳本峠越え・上高地ウエストン祭 - smile-hiker

2017/06/07 (Wed) 09:40:46

2日目の朝は撮影日和、朝食前の日の出前後に4回ほど、小屋から45秒の展望台で撮影タイム。モルゲンロートに輝く明神岳・前穂・奥穂の雄姿に感動しました。

Re: 徳本峠越え・上高地ウエストン祭 - smile-hiker

2017/06/07 (Wed) 16:37:51

徳本峠からの上高地への下り登山道には、所々残雪の上を歩くが、早朝の固い雪でも、慎重にアイゼンなしでOKであった。

Re: 徳本峠越え・上高地ウエストン祭 - smile-hiker

2017/06/07 (Wed) 16:40:34

足元には一面のニリンソウ

Re: 徳本峠越え・上高地ウエストン祭 - smile-hiker

2017/06/07 (Wed) 16:43:26

そして他の地区ではこげ茶色が殆どであるが、徳本峠近辺から上高地はシロバナエンレイソウが多く見られ、大感激であった。

Re: 徳本峠越え・上高地ウエストン祭 - smile-hiker

2017/06/07 (Wed) 16:44:57

ツバメオモトもありました。

Re: 徳本峠越え・上高地ウエストン祭 - smile-hiker

2017/06/07 (Wed) 16:54:35

そして河童橋に到着、新緑と梓川の向こうの残雪の穂高連峰は圧巻です。川岸に一人佇んでいます。こんな素晴らしい上高地はなかなか経験できません。まさにグレイトビューです。写真はクリックすると大きくなります。この写真をさっそくPCの壁写真にしました。

Re: 徳本峠越え・上高地ウエストン祭 - smile-hiker

2017/06/07 (Wed) 16:59:20

記念の集合写真を何枚も撮影したり、アングルを変え景色を撮りまくりました。紺碧の空と残雪の穂高・岳沢はいつまでも見ていても飽きません。

Re: 徳本峠越え・上高地ウエストン祭 - smile-hiker

2017/06/07 (Wed) 17:02:56

新緑のリゾート感溢れる上高地は素敵ですね。

Re: 徳本峠越え・上高地ウエストン祭 - smile-hiker

2017/06/07 (Wed) 17:05:38

小生も記念に撮影していただきました。好日山荘閉店セールで購入したブルーのシャツがマッチしているようです。

Re: 徳本峠越え・上高地ウエストン祭 - smile-hiker

2017/06/07 (Wed) 17:10:30

そして、ウエストン碑の前で、山行の最後はウエストン祭見学です。今回で71回目とのこと。

Re: 徳本峠越え・上高地ウエストン祭 - smile-hiker

2017/06/07 (Wed) 17:14:33

始めはウエストン祭見学の意味も分からず、メンバーの方々はあまり気のりしないような感じでしたが、皆さんとてもよかったとの感想を述べていました。地元の小学生による歌、数名からの挨拶、講演などなど、約一時間、有意義な時間でした。

Re: 徳本峠越え・上高地ウエストン祭 - smile-hiker

2017/06/07 (Wed) 17:36:35

記念の手拭を購入して記念撮影です。小生も58回目のウエストン祭に出席して手拭を買った記憶があり、たった今その手拭が残っていることを確かめました。
好天とメンバーに恵まれ、素晴らしい環境の中で過ごした2日間は大変充実していました。CL冥利に尽きると実感しています。参加して下さった皆さんに感謝いたします。

残雪たっぷりの針ノ木雪渓 - smile-alpen touriner

2017/05/30 (Tue) 04:12:54

昨年は5月22日に針ノ木雪渓・マヤクボ沢で滑り納めとしたが、残雪が少なく大沢小屋のかなり上部まで登山道をのぼり1770m付近で漸く雪渓に降りれた。これがその時の写真です。

Re: 残雪たっぷりの針ノ木雪渓 - smile-alpen touriner

2017/05/30 (Tue) 04:17:16

今年は5月28日に、針ノ木雪渓山スキー初挑戦の3名を加え総勢5名で行ってきました。登山口には例の百瀬慎太郎の歌碑があります。登山道に入ってすぐに10mほど残雪の山で登山道が埋まっています。

Re: 残雪たっぷりの針ノ木雪渓 - smile-alpen touriner

2017/05/30 (Tue) 04:22:13

作業道に入ると間もなく、しばらく残雪の山で作業道が埋もれています。橋を渡り沢の右岸に移るのですが、橋の上は雪が消えています。これは橋の上からの写真です。

Re: 残雪たっぷりの針ノ木雪渓 - smile-alpen touriner

2017/05/30 (Tue) 04:27:24

蓮華大沢を左に分けて間もなくシール登行になります。昨年の痩せた雪渓に比べると天国のような雪渓ですが下部はデブリランドで大きなウネリがしばらく続きます。

Re: 残雪たっぷりの針ノ木雪渓 - smile-alpen touriner

2017/05/30 (Tue) 04:31:25

順調なシール登行です。急になるノドの下からクランポンを装着してみましたが、足への負担が少ないですね。振り返ると爺が岳などが素晴らしいですね。

Re: 残雪たっぷりの針ノ木雪渓 - smile-alpen touriner

2017/05/30 (Tue) 04:35:29

マヤクボ沢の出合で休憩しアイゼン装着します。初挑戦が3名のため、当初は針ノ木峠へ向か鵜計画であったが、絶好のツアー日和、山頂まで雪が繋がっていることが確認できたためマヤクボに変更して気合を入れた。

Re: 残雪たっぷりの針ノ木雪渓 - smile-alpen touriner

2017/05/30 (Tue) 04:37:32

40度を超えるマヤクボの急斜面を歯を食いしばって焦らずゆっくり進んだ。

Re: 残雪たっぷりの針ノ木雪渓 - smile-alpen touriner

2017/05/30 (Tue) 04:41:15

漸く斜度が緩み一安心、行動食休憩とした。

Re: 残雪たっぷりの針ノ木雪渓 - smile-alpen touriner

2017/05/30 (Tue) 04:47:28

山頂下の大斜面は稜線下かかなり急である。早いグループが数組スキーやツボ足で下ってくる。稜線付近はかなり雪面が固く転倒して100ほど滑落したスキーヤーがいたと、ツボ足の方からアドバイスを頂いた。休憩後であり、快調にステップを辿って高度を上げたが上部はさすがに急斜面、休み休み、呼吸を整えながらようやく稜線に達した。

Re: 残雪たっぷりの針ノ木雪渓 - smile-alpen touriner

2017/05/30 (Tue) 04:55:10

昨年はスバリ岳との鞍部までであったが今回は登頂できそう。しかし最後の20mほどの50~60度の急斜面は雪面が固く難儀する。3名は頑張って登頂したが、下りは後ろ向きに下らざるを得ない。横滑りにトラバースして滑走したシュプールがあるがかなりのテクニッシャンでないと滑落して下の岩場に転落の危険性が強い。小生は、石橋を叩いて登頂を辞退した。20mほどのため登頂の記録に加えておきますね!!スタートして約6時間、標高差1400m、よく頑張れました。最近のトレが効を奏しているようです。

Re: 残雪たっぷりの針ノ木雪渓 - smile-alpen touriner

2017/05/30 (Tue) 05:11:37

2時過ぎ、いよいよお楽しみの大滑走です。雪質は上質のザラメ、数日前の降雨で縦溝や凸凹が少しあるがまあまあである。30度を超す急斜面が多く、スピードをコントロールしながら慎重に滑走した。今回は急な大斜面が多いため、アルペン仕様です。針ノ木雪渓山スキーは10回目ほどですが、体力も衰えており、アルペンも楽しみたいので、エリアを選んでアルペン仕様にしています。最も急で40度を超すノドの部分は下る右方向にクラックがあり、安全第一、左から回り込み斜滑降でクラックの下を進みます。
出合で休憩後、快適な雪質にショートアルペンターンを楽しみながら長ーい雪渓滑走堪能した。メンバーの口から「大満足」「充実した」などの賛辞を頂きCL冥利に尽きました。
今年は2週後の乗鞍で滑り納めの予定である。久しぶりの「6月板納め」、好天を期待する。

5月最終週末の朝 - smile-jogger

2017/05/27 (Sat) 08:42:16

昨日は、久しぶりに本降りの雨で五月の緑に潤いを与えていました。そして今朝は雨もやみ、早苗が成長し始めた田圃のいつものランニングルートでLSD,シラサギがあちこちの田圃で何やら餌を食べているのか、見られます。飛び立つシラサギが豆のように写っています写真はクリックすると大きくなります。

Re: 5月最終週末の朝 - smile-jogger

2017/05/27 (Sat) 08:46:38

このところ、日の出が早く、陽の沈むのも遅く、ライニング時間が取れ、今月も今日のLSDで100㎞越えができました。大日本インキの川村記念美術館を巡るランニングルートです。

Re: 5月最終週末の朝 - smile-jogger

2017/05/27 (Sat) 08:51:13

今年の5月は雨が少なく、週末はいつも山スキーに行けました。明日も針ノ木雪渓の予定です。
梅雨入りの近くなってきて、気持ちの良いこの時期は貴重です。
熱い夏日と涼しい日が交互に繰り返す今日この頃、今朝は涼しい軽井沢でジョグをやっているような錯覚に陥るような清々しい日です。川村美術館のこの林間の小道は気持ちよく、信州にいるようです。

Re: 5月最終週末の朝 - smile-jogger

2017/05/27 (Sat) 08:53:17

そして、ピンクの鮮やかなさつきの時期ですね。大日本インキの門の向こう側はこんな感じです。

Re: 5月最終週末の朝 - smile-jogger

2017/05/27 (Sat) 08:54:57

田園に降りていくところの石垣が苔むして、これまた良いですね。

Re: 5月最終週末の朝 - smile-jogger

2017/05/27 (Sat) 09:07:54

黄色のアヤメ・黄菖蒲が咲き乱れる田圃脇の農道をゆっくり楽しみながらジョグ、12㎞のLSDでした。あすはsmile-telemarkerからsmile-alpen tourinerに転身して針ノ木雪渓に行ってきます。今シーズンの山スキーもあとわずかです。6月第2週の乗鞍も好天を期待します。

久しぶりの富士山登頂山スキー - smile-telemarker

2017/05/21 (Sun) 11:14:36

20日は絶好の富士山登頂山スキー日和となりました。富士山登頂山スキー未体験の4名を加え8名で富士宮ルートに挑戦しました。
御殿場ICを降りるとモルゲンロードに輝く残雪富士が眼前に現れ、登校意欲を掻き立てます。

Re: 久しぶりの富士山登頂山スキー - smile-telemarker

2017/05/21 (Sun) 11:27:44

五合目駐車場の一番上は既に満杯、山スキー・登山者で賑わっている。富士山山スキーを始めたのが2001年、52歳の頃、登頂山スキーを体力のバロメーターとして多い年には、2~3回登頂山スキーを成功させていた。ちば山の多くの山スキー仲間を登頂山スキーの感激を味わわせてきたが、2011年からは種々要因により、挑戦はするものの時間切れなどで登頂は果たしていなかった。既に68才ともなると、日ごろトレを続けているが、登頂山スキーは厳しすぎると考えていたが、万難を排して挑戦してみた。果たして登頂できるだろうか、期待と不安を抱いて6:00にイザ、出発。

Re: 久しぶりの富士山登頂山スキー - smile-telemarker

2017/05/21 (Sun) 11:33:28

登山道を2780m位まで登り上げ、その後雪渓のアイゼン登高となる。多くの山スキーヤーが先行している。

Re: 久しぶりの富士山登頂山スキー - smile-telemarker

2017/05/21 (Sun) 11:37:09

まず、下部の急な雪渓を登り3050m付近で山頂に続く、右の雪渓に乗り移る。

Re: 久しぶりの富士山登頂山スキー - smile-telemarker

2017/05/21 (Sun) 11:44:12

健脚組と亀足組の分けて登頂を目指した。山頂を望みながら焦らずジグザグを刻みながら、エネルギー消費を少なくするよう一歩一歩山頂を目指した。

Re: 久しぶりの富士山登頂山スキー - smile-telemarker

2017/05/21 (Sun) 11:53:32

10:43の写真である。スタートから既に4時間40分経過している。左上方に最上部の山小屋が見える。1時間~1時間半に一回10分ほどの休憩を取り、疲労困憊せず、今回の設定リミットの13:00には何とか亀足組も登頂できるよう焦らず歩を進めた。

Re: 久しぶりの富士山登頂山スキー - smile-telemarker

2017/05/21 (Sun) 12:01:28

最後の山小屋で休憩、山頂まではあとわずかではあるが、息が上がり、ここからは極めて苦しいことを毎回経験している。小生とKOさんは何とか時間内に登頂はしたいと考え小屋に板をデポした。軽量化になったが、スタート直後はなかなか厳しい。時間内に大丈夫か心配になったが、やがてリズムが出てきて大丈夫そうである。

Re: 久しぶりの富士山登頂山スキー - smile-telemarker

2017/05/21 (Sun) 12:39:27

13:00直前、亀足組も登頂、初挑戦のTさんです。

Re: 久しぶりの富士山登頂山スキー - smile-telemarker

2017/05/21 (Sun) 12:47:17

前夜、遠路三重から五合目駐車場まで馳せ参じ、車中仮眠のつもりが眠れずやや体調ふりょうのKOも登頂できました。初挑戦の4人とも登頂です。小生も7年ぶりの登頂山スキー成功しました。なんとスタートから7時間かけてのゆっくり登頂です。これだけゆっくりの登頂のためか気分良好、疲れもそれほど残りませんでした。

Re: 久しぶりの富士山登頂山スキー - smile-telemarker

2017/05/21 (Sun) 12:50:59

健脚組は亀有組の一時間ほど前に登頂し剣が峰で記念撮影、還暦を過ぎたSさんは相変わらず健脚ですね。

Re: 久しぶりの富士山登頂山スキー - smile-telemarker

2017/05/21 (Sun) 12:59:00

剣が峰とお鉢をバックに記念撮影。小生は2006年、57才の時にはなんと5時間20分で登頂し、お鉢の滑走まで行ったとは、元気なころであったなあとしみじみ感じています。次の目標は来年、そして古希で登頂山スキーを実現させたいと考え始めました。

Re: 久しぶりの富士山登頂山スキー - smile-telemarker

2017/05/21 (Sun) 13:03:07

さあ、お楽しみの滑走です。上質ザラメにスピードが出すぎます。身体がついていかず、バランスを崩して転倒するメンバーもいます。それでも素晴らしい豪快な大滑走が続きます。

Re: 久しぶりの富士山登頂山スキー - smile-telemarker

2017/05/21 (Sun) 13:06:55

今回は半数がテレマークです。斜度が緩い所ではビシバシとテレターンが決まります。栃木から馳せ参じたWさんも気持ちよさそう。急斜面ではスピードコントロールしたターンが必須です。

Re: 久しぶりの富士山登頂山スキー - smile-telemarker

2017/05/21 (Sun) 13:10:11

ヘルメットに富士山一番?のシールを貼って念願叶ったIさんは豪快なアルペンターンでスピードに乗っています。

Re: 久しぶりの富士山登頂山スキー - smile-telemarker

2017/05/21 (Sun) 13:15:52

駐車場に戻ってくると外国人の多く混じった観光客で一杯です。見上げた山頂付近はまあまあの残雪量ですね。6月初めころまで山スキーを楽しめそうですね。

Re: 久しぶりの富士山登頂山スキー - smile-telemarker

2017/05/21 (Sun) 14:14:16

昨日、念願の富士山登頂山スキー初制覇を果たしたIさんは全国を仕事で駆けずりまわっています。先ほど飛行機の上から昨日滑った雪渓まではっきり見える写真を撮ってメールで送ってきました。記念に残る素晴らしい貴重な写真です。ご覧ください。
写真はクリックすると大きくなります。赤線が滑走ラインです。

白馬鑓温泉山スキーツアーは天国 - smile-telemarker

2017/05/15 (Mon) 17:16:03

5/14は白馬三山地区は晴れベースの天気予想、貴重な好天をゲットして15年ぶりくらいに白馬鑓温泉山スキーに5名で行ってきた。今期は残雪たっぷり、猿倉の駐車場からシール登行可であるが、スタートして間もなく1mほど雪の切れている部分があり、こんな感じでした。

Re: 白馬鑓温泉山スキーツアーは天国 - smile-telemarker

2017/05/15 (Mon) 17:23:22

メンバーの一人がシールを忘れ、終始アイゼン使用となった。鑓温泉への登山道ルートもまだ滑走可能であるが、長走沢滑走を期待しながら、沢の状態を偵察しながら進んだ。

Re: 白馬鑓温泉山スキーツアーは天国 - smile-telemarker

2017/05/15 (Mon) 17:27:30

小日向のコル、双子岩に向かう急斜面はきつい。アイゼン登行に切り替えゆっくり高度を上げた。白馬岳の雄姿が素晴らしい。

Re: 白馬鑓温泉山スキーツアーは天国 - smile-telemarker

2017/05/15 (Mon) 17:34:29

今回、最もつらい登りをクリアし広いコルに到着、眼前に広がるグレイトビューを楽しみながらしばし休憩。杓子岳・白馬鑓・唐松岳など雄大な景色が楽しめた。残雪たっぷりで湯ノ入沢源頭部への広大な斜面の滑走が楽しみである。スタート前の記念撮影。

Re: 白馬鑓温泉山スキーツアーは天国 - smile-telemarker

2017/05/15 (Mon) 17:51:09

白馬鑓温泉山スキーは今回で2回目であるが前回は、小日向のコル(1824m)から湯ノ入沢方向への滑走は雪不足であり、トラバース気味に進んだが、今回は残雪たっぷり、遠回りしても大滑走を楽しまないわけにはいかない。太陽を背に飛び込んだ。

Re: 白馬鑓温泉山スキーツアーは天国 - smile-telemarker

2017/05/15 (Mon) 17:54:26

源頭部の1570mまでの大斜面、上質のザラメ、グレイトビューを見ながらの爽快な滑走に早くも歓声が上がった。標高差250mほどの満足の一本目であった。

Re: 白馬鑓温泉山スキーツアーは天国 - smile-telemarker

2017/05/15 (Mon) 18:42:16

往路で源頭部まで滑りこむグループは殆どない。温泉に向かう距離を短くするため、トラバース気味に進むグループが多いが、残雪たっぷりの広大な斜面がもったいない。ボトムまで滑走しても、標高差で50m足らず、余分にハイクアップするだけであり、大した労力ではない。標高2050mの温泉に向けハイクアップ開始。

Re: 白馬鑓温泉山スキーツアーは天国 - smile-telemarker

2017/05/15 (Mon) 19:39:20

大勢の山スキーヤーが鑓温泉に向かっていた。大迫力の杓子岳岩稜帯を右手の見ながら、メンバーそれぞれのペースで焦らずゆっくりハイクアップ。開放的な雪渓は気分良い。

Re: 白馬鑓温泉山スキーツアーは天国 - smile-telemarker

2017/05/15 (Mon) 19:43:43

温泉は先着組で賑わっているが、目的は温泉入浴だけではない。鑓温泉エリアの山スキーを楽しむことが主目的。温泉は帰りに楽しもう。

Re: 白馬鑓温泉山スキーツアーは天国 - smile-telemarker

2017/05/15 (Mon) 19:50:08

温泉より上部に向かうのは三分の一くらいであろうか。大出原に向かって、登山道の左側の沢地形を進んだ。わがパーティをリードするのはいつも元気なUさんです。

Re: 白馬鑓温泉山スキーツアーは天国 - smile-telemarker

2017/05/15 (Mon) 20:01:05

デブリの横を通過、稜線下にはフレッシュな浅い表層雪崩跡、滑走しているスキーヤーが豆粒のように見える。ゆっくり音を立てながら静かに下ってくるホヤホヤの小雪崩も見られる。滑走してきた黒装束のATのテクニッシャンが近づいてきた。よく見るとOさんでした。エバ父さんとペアのことが多く、2回ほど山スキーの山中でお会いしたことがあり、少し談笑した。

Re: 白馬鑓温泉山スキーツアーは天国 - smile-telemarker

2017/05/15 (Mon) 20:05:15

斜度が増し結構緊張するシール登高である。

Re: 白馬鑓温泉山スキーツアーは天国 - smile-telemarker

2017/05/15 (Mon) 20:11:53

斜度が緩んできて大出原の大斜面が近づいてが、12時を限度にハイクアップを終了、2450m地点から滑走開始とした。

Re: 白馬鑓温泉山スキーツアーは天国 - smile-telemarker

2017/05/15 (Mon) 20:18:01

滑りやすい上質ザラメにスピードに乗ったターンが刻める。

Re: 白馬鑓温泉山スキーツアーは天国 - smile-telemarker

2017/05/15 (Mon) 20:20:48

小生もテレターンを刻んだ。

Re: 白馬鑓温泉山スキーツアーは天国 - smile-telemarker

2017/05/15 (Mon) 20:29:27

小生以外のメンバーは積雪期の鑓温泉入浴は初体験。温泉には烏の行水並みの短時間入浴、熱くて長湯は無理、それでも皆さん大満足でした。湯疲れしてないようで、源頭部までの標高差500mの大滑走を楽しんだ。

Re: 白馬鑓温泉山スキーツアーは天国 - smile-telemarker

2017/05/15 (Mon) 20:34:18

小日向のコルまでのハイクアップをゆっくり頑張った。初体験の長走沢滑走も堪能できた。

Re: 白馬鑓温泉山スキーツアーは天国 - smile-telemarker

2017/05/15 (Mon) 20:41:38

長走沢下部はこんな感じ。累計標高差1700m余りの変化に富んだ素晴らしい山スキーツアーであった。5:45猿倉をスタート、15:43フィナーレ。10時間にわたる大スケール・北アルプス山スキーツアーは満足度200%と言っても過言ではない。

Re: 白馬鑓温泉山スキーツアーは天国 - smile-telemarker

2017/05/16 (Tue) 03:38:52

天狗岩をバックに気合の入ったテレターン

Re: 白馬鑓温泉山スキーツアーは天国 - smile-telemarker

2017/05/16 (Tue) 03:46:46

今回はまさに「会心の山スキーツアー」「渾身の山スキーツアー」と言ってもよいでしょう。誰かの山岳本の名前に使っている言葉をお借りしました。今週末は富士山富士宮ルートに8名で行きます。メンバーの一人が昨日撮影した航空写真です。3名以外は富士山登頂山スキー狙いは初体験です。この写真を撮影したIさんを含め、登頂山スキーが成功するよう祈っています。

2年連続の会津駒が岳 - smile-telemarker

2017/05/07 (Sun) 20:34:10

5/5は2年連続の会津駒の山スキーだ。昨年は残雪が少なく4/6に行ったが、1450m付近以上で滑走可能であったが、今期はどんなものかと林道を登山口に向かった。ブロック雪崩跡が所々に見られる。

Re: 2年連続の会津駒が岳 - smile-telemarker

2017/05/07 (Sun) 20:37:14

登山口の手前の雪の繋がっている急斜面(登山道の左側)を登っていく登山者も見られたが、忠実に登山道を進んだ。

Re: 2年連続の会津駒が岳 - smile-telemarker

2017/05/07 (Sun) 20:42:59

標高1200mほどから雪が繋がっており滑走可能状態、ブナ林をアイゼン登高した。

Re: 2年連続の会津駒が岳 - smile-telemarker

2017/05/07 (Sun) 20:45:49

尾根が広くなり傾斜が緩くなるとシール登行に切り替えた。

Re: 2年連続の会津駒が岳 - smile-telemarker

2017/05/07 (Sun) 20:48:08

残雪のブナ林は素晴らしい。

Re: 2年連続の会津駒が岳 - smile-telemarker

2017/05/07 (Sun) 20:51:10

急斜面になると、シール登高は難しくアイゼンに切り替えた。

Re: 2年連続の会津駒が岳 - smile-telemarker

2017/05/07 (Sun) 21:03:37

源六郎沢を挟んで、山頂方向の稜線が望まれるが全層雪崩が所々始まっている。

Re: 2年連続の会津駒が岳 - smile-telemarker

2017/05/07 (Sun) 21:05:55

前日滑走した、かっこよい燧ケ岳も見えてきた。

Re: 2年連続の会津駒が岳 - smile-telemarker

2017/05/07 (Sun) 21:10:40

山頂方面の全貌が望まれる地点で、会津駒初挑戦の若手二人に登高と滑走ルートを説明し先行した頂いた。最高齢のTさんは登頂を諦め、1950m付近で休憩。

Re: 2年連続の会津駒が岳 - smile-telemarker

2017/05/07 (Sun) 21:19:32

対岸の急斜面は今にも崩れ落ちそうな全層雪崩危険地帯

Re: 2年連続の会津駒が岳 - smile-telemarker

2017/05/07 (Sun) 21:26:27

駒の小屋は営業しており、多くの登山客が利用していた。山スキー客は我々以外はショートスキーの単独者とすれ違ったのみであった。小屋の下をトラバース気味に快適なシール登行、スタートして6時間20分ほどで何とか登頂できた。元気な若手は山頂の標識を「会津」以下の「駒ヶ岳」まで約1m掘り下げ、ただ一人スコップを持参していただいた甲斐があったというものだ!!

Re: 2年連続の会津駒が岳 - smile-telemarker

2017/05/07 (Sun) 21:30:38

山頂は360度の大パノラマ、中門岳方面の稜線の雪庇が崩れている。

Re: 2年連続の会津駒が岳 - smile-telemarker

2017/05/07 (Sun) 21:33:37

さあ、お待ちかねの山頂直下大斜面の滑走だあ!!
快適なザラメ滑走、TAさんのアルペンターンが決まっている。

Re: 2年連続の会津駒が岳 - smile-telemarker

2017/05/07 (Sun) 21:38:52

いつも気持ちよい大斜面ですね!!

Re: 2年連続の会津駒が岳 - smile-telemarker

2017/05/07 (Sun) 21:41:43

標高差150mほど滑走し、マイシュプールを眺めながら右方向にトラバースしてTさんの待機地点の向かった。

Re: 2年連続の会津駒が岳 - smile-telemarker

2017/05/07 (Sun) 21:54:26

標高差1200mほど、全行程9時間半ほどのロングルート、下部の登り・滑走ともかなり難儀を強いられるルートであり、中級者・高齢者にはハードな日帰りルートである。

残雪たっぷりの彩雲の燧ケ岳 - smile-telemarker

2017/05/06 (Sat) 11:25:42

GWの山スキー、昨年に続き利尻を考えてみたが、今期は増毛・利尻地区は積雪不足で断念、体力的に北アルプスは大変であり、桧枝岐をベースの日帰り2本とした。一日目の4日燧ケ岳は、10数年ぶりの山スキーで御池の駐車場に着いてみると、想像を絶する残雪量に圧倒された。登山客より、山スキーヤーが圧倒的に多い。

Re: 残雪たっぷりの彩雲の燧ケ岳 - smile-telemarker

2017/05/06 (Sat) 11:30:59

スタートはアイゼン装着、35度を超すうねりのある急斜面を標高差150mほど頑張り広沢田代に到着、そこからシール登行とした。

Re: 残雪たっぷりの彩雲の燧ケ岳 - smile-telemarker

2017/05/06 (Sat) 11:36:58

広沢田代は降雨のよる(?)深い溝がある。熊沢田代の前にまた急斜面、コース取りを工夫し、シール登行で台地に乗り上げた。

Re: 残雪たっぷりの彩雲の燧ケ岳 - smile-telemarker

2017/05/06 (Sat) 11:40:57

熊沢田代直前の台地から滑走意欲がそそられる山頂下の無木立の広大な急斜面が望まれテンションが一気にアップした。

Re: 残雪たっぷりの彩雲の燧ケ岳 - smile-telemarker

2017/05/06 (Sat) 11:43:43

熊沢田代の向かって少し下り、田代で記念撮影、ここは溝が殆どない。

Re: 残雪たっぷりの彩雲の燧ケ岳 - smile-telemarker

2017/05/06 (Sat) 11:49:07

針葉樹林帯を通過し、オープン斜面のボトムで小休憩。前方の空に見られた淡い彩雲が次第にコントラストが強くなり、経験したことないような素晴らしい彩雲となった。少し藪の合間を抜けるが、素晴らしいショットをゲットできた。

Re: 残雪たっぷりの彩雲の燧ケ岳 - smile-telemarker

2017/05/06 (Sat) 11:52:37

大斜面の左にたなびく豪華な彩雲に歓声が上がった。

Re: 残雪たっぷりの彩雲の燧ケ岳 - smile-telemarker

2017/05/06 (Sat) 11:56:28

彩雲を見ながら次第に急になる斜面を稜線に向かった。稜線直下では30度ほどの急斜面でシール登高にやや難儀した。

Re: 残雪たっぷりの彩雲の燧ケ岳 - smile-telemarker

2017/05/06 (Sat) 12:00:10

多くの山スキーヤーが次から次へと登頂して来る。尾瀬ヶ原方面をバックに記念撮影、今日のメンバーの最高齢者はなんと78歳、恐るべきちば山高齢者パワーである。

Re: 残雪たっぷりの彩雲の燧ケ岳 - smile-telemarker

2017/05/06 (Sat) 12:02:36

360度の大パノラマ、どの方向も正にグレイトビューのオンパレード。尾瀬沼方面です。

Re: 残雪たっぷりの彩雲の燧ケ岳 - smile-telemarker

2017/05/06 (Sat) 12:07:20

俎嵓からみた柴安嵓・尾瀬ヶ原・至仏山の3点セットです。

Re: 残雪たっぷりの彩雲の燧ケ岳 - smile-telemarker

2017/05/06 (Sat) 12:11:40

さあ、標高差200mほどの大斜面の滑走です。その前に記念撮影です。急斜面ですが雪質が良く緊張感はないようです。

Re: 残雪たっぷりの彩雲の燧ケ岳 - smile-telemarker

2017/05/06 (Sat) 12:15:59

極上ザラメに最高齢者のTさんも急斜面を無難に楽しんでいます。

Re: 残雪たっぷりの彩雲の燧ケ岳 - smile-telemarker

2017/05/06 (Sat) 12:25:06

Uさんの急斜面の滑りも大分上達しています。グレイトビューをバックにかっこいいですね。
熊沢田代直下の40度ほどのノートラ斜面では、ごく小規模の湿雪雪崩を惹起しました。広沢田代からのうねりのある急斜面が下りでの核心部でした。横滑りを少し混ぜながら慎重に下り駐車場に到着。素晴らしい山スキーエリアの一日に燧ケ岳を見直しました。今後もリピートすること間違いなし。


Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.